OCEANS

SHARE

2020.07.02

ニュース

設営たった7分。ロゴスの次世代テントが、グランピング志向のキャンパーに最適!

キャンプにおける最重要ギアのひとつであるテントは、今や多種多様なタイプがリリースされており、スタイルに合わせて最適なものを選ぶ必要がある。
もし家族や仲間たちとゆったり快適に過ごすアウトドアが理想なら、ロゴスのプレミアムライン「ロゴス グランベーシック」シリーズが候補になるだろう。
ロゴス グランベーシック
「ロゴス グランベーシック」は、ロゴスのアウトドアギアの中でも特に質感とデザインにこだわり、アウトドアの非日常的な時間をさらに特別なものに演出してくれるシリーズ。
今回は、空気を注入するだけで簡単に設営できる「エアマジック」というモデルから、ふたつのアイテムをご紹介。
どちらも優れたベンチレーションで通気性抜群、さらに紫外線や害虫から守ってくれる高機能メッシュを使用するなど、細かいところまで行き届いたリッチな仕様だ。
空気を注入して設営
まずは空気を注入しておよそ7分という短時間で設営できる、機能性に富んだテント。
グランベーシック エアマジック PANELトンネルドーム XL-BJ
「グランベーシック エアマジック PANELトンネルドーム XL-BJ」13万6000円/ロゴス 0120-654-219
様々な使い方
テント前面を2本のポールで支持すればキャノピータープにもなり、車との連結やランタンの吊り下げも容易にできる。高い強度と雨水が溜まりにくい独自の構造で、悪天候にも強い。インナーテントは着脱可能で、大型スクリーンタープとしても使用可能だ。
グランベーシック エアマジック オクタゴンドーム-BJ
「グランベーシック エアマジック オクタゴンドーム-BJ」16万3000円/ロゴス 0120-654-219
続いては空気を入れて約8分で設営できる、ドーム型スクリーンタープ。壁面がしっかりと立っていて天井も高いので、とにかく広い。
テーブルやチェアを並べて大人数で使っても余裕たっぷり。インナーテントを使えば寝床にもなる。さまざまなシーンでマルチに活躍してくれる万能選手だ。
テーブルやチェアを並べて使用
ちなみに別売の「エアマジック」シリーズ専用の電動ポンプを使うことで、設営時間はさらに短縮が可能。車のシガーソケットにつなげば、あとは待っているだけでOKだ。
組み立ては楽々、スペックはハイクラス。「アウトドアはくつろぎ重視」と考える男たちにとって、これ以上ない強い味方が現れた。
[問い合わせ]
ロゴス
0120-654-219
www.logos.ne.jp
中山秀明=文


SHARE

オーシャンズ メルマガ

RANKING