OCEANS

SHARE

ベタつく夏こそモコモコ泡で優しく洗って潤いをキープ

ベタつく夏こそモコモコ泡で優しく洗って潤いをキープ/クワトロボタニコ
いまだ暑さに体が順応できず、やや夏バテ気味のユースケ。汗だくで帰宅するや否や、浴室へと直行した。シャワーで汗を流すと、次は洗顔だ。
気温が高く紫外線量も増える夏は、その過酷な環境から肌を保護しようとする力が働くため皮脂分泌も増えがち。とは言え、そのベタつきを落とそうと過度な洗顔をすれば、角質が傷つき肌のバリア機能が低下。乾燥によってさらなる皮脂分泌を招いてしまう。そのためにも手でゴシゴシと洗うのは避けたほうが賢明だ。

ユースケが手にしたのは、超微粒子・海泥を配合したキメ細かな質感で、毛穴の奥の皮脂や汚れを吸着する「ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザー」。これを泡立てネットの上に2cmほど搾り出した。

ネットは先日、クレンザーと化粧水一式を買い足した際に付属してきたものだ。このネットを両手で揉み込めば、瞬く間にキメ細かでしっかりとした泡が完成。そしてこの泡で、肌をこすらずに優しく洗い上げる。

一見すると汚れが落ちているか不安になるが、これが潤いをキープしつつも余分な皮脂が除去された状態をキープできる最善の方法なのである。
爽やかな柑橘系の香りも相まって、汗と皮脂にまみれて荒んでいたユースケの気分も即座にリセットされた。
「クワトロボタニコ」のスキンケアアイテムはこちら
3/3