OCEANS

SHARE

2020.06.30

ニュース

築100年の京町家をリノベした関西初「グラフペーパー 京都」におこしやす〜

今年の6月20日は、いにしえより縁起が良いとされる「一粒万倍日」。一粒蒔いた籾が万倍にもなって実るという意味で、スタートを切るには最高の日だとされている。
そんな吉日にオープンした「グラフペーパー 京都」は、日本の古都らしい風情ある仕上がりとなっていた。

グラフペーパーの関西初進出となる京都店は、築100年以上の京町家を改装してオープン。
“うなぎの寝床”と呼ばれる狭い間口から一歩入ると、土間や中庭、蔵が同居した、京町家ならではの奥行きのある景色が広がる。

もともと蔵として利用されていた店内は天井が高く開放的で、白を基調とした空間には陶芸や漆工、硝子など、グラフペーパーと馴染みの深い作家10名の作品を展示。どれも京都店でしかお目にかかれない1点もので、もちろん購入も可能。一期一会の出合いが待っている。

店内には、洋服や雑貨などジャンルごとにスペースを区切らず、それぞれがひとつの作品として並列に飾られている。もちろん、オープンに合わせた限定品も用意されているのでお楽しみを。
そのクオリティも、やはりどこか京都の持つ“和”のイメージと重なるものがある。
店舗を作る際に出た建築古材を染料に加工し、奥深いブラウンに染め上げたTシャツ。/グラフペーパー
1万5000円/グラフペーパー(グラフペーパー京都 075-212-2228)
特に注目すべきはこのTシャツ。店をリノベーションする際に出た建築古材を染料に加工し、奥深いブラウンに染め上げた。
生地には、肉厚ながらしなやかさも備えた天竺木綿を採用。バックプリントに描かれた文字は京都店のアドレスというスペシャル仕様だ。

畳が敷かれた小上がりでは、腰掛けながらひと休みすることもできる。京都ならではの落ち着いた雰囲気のなかで、穏やかに買い物を堪能できそうだ。
 
[店舗詳細]
グラフペーパー 京都

住所:京都府京都市中京区六角通富小路東入大黒町88-1
電話:075-212-2228
営業:12:00〜20:00
水曜定休
https://graphpaper-kyoto.com

POW-DER=文


SHARE