OCEANS

SHARE

2020.04.27

かぞく

オトーチャンは母親の代わりになれる? 父親が心得ておくべき子育て3カ条

シングルファザー

「シングルオトーチャンの生活白書」とは…

シングルファザーってどういう人たち?

シングルファザーは、その名の通り、子供をひとりで育てている父子家庭の父親のことを言います。
筆者自身がシングルファザーになったきっかけは、夫婦間のすれ違いからによる、妻の不貞でした。この内容だけを見ると、元妻だけが悪く見えてしまうかもしれませんが、そこに至ってしまった原因は僕にもあると思います。
そうして僕たち夫婦は別れることを選んだわけですが、このように離婚をしてシングルファザーになった人をはじめ、死別などで配偶者を亡くした方々もおり、シングルファザーになるまでの過程は人それぞれです。
シングルファザーの存在は以前から知られていると思いますが、現在どのくらいの世帯がいるのかなどは知られていないでしょう。そこで、まずはシングルファザーの現状をお伝えします。

近年で増加傾向にあり。シングルファザーの現状

平成28年度「全国ひとり親世帯等調査」の結果として、母子世帯数123.2万世帯に対し、父子世帯数は18.7万世帯となっています。シングルファザーの割合は、シングルマザーの約1/6以下です。
しかし、昔と比べると女性も自立する事が多くなり、家庭よりも仕事という方も多くなってきて、少しずつではありますが、シングルファザーの割合は増えており、25年間で父子家庭は1.3倍と増加傾向にあります。とはいえ、やはりシングルマザーの世帯数のほうが多いため、社会ではまだまだ父子家庭・シングルファザーへの認知度が低く、シングルファザーはひとりで悩みを抱えがちというのが現状です。
そんななか子育てに奮闘するシングルファザーですが、父子家庭だと次のような疑問をぶつけられることがあります。


2/2

RANKING