OCEANS

SHARE

2020.05.24

からだ

正しい体の動かし方が身に付く2つのストレッチ。ポイントは相撲とムエタイ

「まっすぐな男になりたい!」とは…… 
体の歪みを取り除いても、何もしないとすぐに歪んだ体に逆戻り。「スゴレッチ」の考案者・萩原健史さんによれば、常にまっすぐな男でいるためには、正しい体の動かし方を身に付けることが大切だという。
「曲がっても、すぐにまっすぐな状態に戻る竹のような体を目指しましょう。竹がしなるのは、節々が連動しているからで、人間の体も複数の部位が連動して動くのが理想です。そこで有効なのが『対角・螺旋運動』なんです」。
対角とは、右腕と左足、左腕と右足という斜めの動き。螺旋とは背骨を中心に体をねじる動き。これらを組み合わせたストレッチを行うと、体に対して遠心力が働き、しなやかな体が手に入るというのだ。
今回は、まっすぐな体を維持するための2つのストレッチを紹介しよう。
>「1日約3分のストレッチで体の歪みを解消! スゴレッチ考案者のセットメニューを伝授」を読む


2/2

RANKING