OCEANS

SHARE

2020.04.22

ファッション

ナイキやビームスも魅了したループウィラー。20年史を貴重なアーカイブで振り返る

2019年に創立20周年を迎えた「ループウィラー」。スウェット作りに真摯に向き合い、正統なモノ作りと気持ちいいを追求した結果、多くの人にハッピーをもたらした。
スウェット一筋、日本が世界に誇るいちばん身近な楽な服の軌跡を、アーカイブで振り返ってみよう。
※軌跡の詳しいストーリーはコチラから
 

2002年 GBLを中目黒にオープン

GBLのオープン記念で発売された、グルーヴィジョーンズがデザインしたTシャツ。/ループウィラー
参考商品
GBLのオープン記念で発売された、グルーヴィジョンズがデザインしたTシャツ。
 

2006年 ビームス プラスとのコラボを開始

セレクトショップではビームス プラスでの取り扱いが最初。以降、蜜月は続く。このパーカのように独自のアメカジ感覚をミクスチャー。/ループウィラー
参考商品
セレクトショップではビームス プラスでの取り扱いが最初。以降、蜜月は続く。このパーカのように独自のアメカジ感覚をミクスチャー。
 

2008年 ナイキとのコラボを開始

今もコンスタントに続くナイキとのコラボレーション。初期モデルは、アッパーにスウェットを用いた「ブレーザー ミッド」。/ループウィラー
参考商品
今もコンスタントに続くナイキとのコラボレーション。初期モデルは、アッパーにスウェットを用いた「ブレーザー ミッド」。
 

2009年 創立10周年

スウェット生地を用いたベアブリックとのコラボレーション。ほかにもドイツのテディベアメーカー、シュタイフとのコラボも話題に。/ループウィラー
参考商品
スウェット生地を用いたベアブリックとのコラボレーション。ほかにもドイツのテディベアメーカー、シュタイフとのコラボも話題に。


2/3

RANKING