OCEANS

SHARE

通常プランは月額1180円。iPhoneユーザーは申し込み手順に注意

アプリやブラウザでYouTubeにアクセスする際に、加入を推奨する告知が頻繁に表示されるため、プレミアムの存在を知らないユーザーは少ないに違いない。アップグレードすることで得られる最大の特典は、やはり「広告の非表示」だろう。
以前は比較的簡単にスキップできた広告だが、最近は5秒待ってからでないとスキップできないものや、再生が終了するまで待たなければならないものも一般的になっている。
いくら自宅で過ごす時間が増えたとはいえ、不要な広告に時間を奪われるのは精神衛生上できれば避けたいはず。多少の対価を払っても、広告を非表示にしたいと思っていた人も多いだろう。
youtube画面
プレミアムにアップグレード済のYouTubeのメイン画面(Webブラウザ版)。左上にあるYouTubeのロゴで、プレミアムになっていることがわかる。
そこで気になるのが、プレミアムの価格設定だ。1ユーザー(アカウント)のみ対象となる「通常プラン」の場合、申し込む際に利用するアプリの種類よって月額料金が異なる点には注意したいところ。
パソコン(Webブラウザ)またはAndroidアプリから申し込んだ場合は税込み1180円だが、iOSアプリから申し込んだ場合のみ、システムの都合で税込み1550円となってしまう。
youtube premium
プレミアムの申し込み画面。WebブラウザまたはAndroidアプリから申し込むと、通常プランの月額料金は1180円[税込]になる。
申し込んだアカウントは複数の機種やアプリで利用できる(同時再生は1台まで)ので、iPhoneやiPadを使っている人もAndroidアプリまたはパソコンから申し込みを行うのがおすすめだ。


3/4