OCEANS

SHARE

ありそうでなかったギミックこそGSIらしさ

GSI
アウトドアグルメに必要なすべてを、ひとつに集約した画期的なデザイン。
GSIらしさが詰まった代表作のひとつが、「バガブーシリーズ」。アウトドアでのクッキングに必要となる調理道具や食器類一式が、すべて鍋に収められる仕組みになっている。
入れ子式の収納法は、今でこそ多くのアウトドアブランドが当たり前のように採用している。しかし、この画期的なアイデアを初めて形にしたのは、GSIと言われるのだ。
GSI
鍋の中にすべてがぴったり収まる姿は美しさすら感じる。
彼らが着眼したのは、他社が“できない”、あるいは“時間を費やすに値しない”と考えるディテールや仕組みに取り組むことだった。
各製品の細かい機能性については後編で触れるが、鍋のフタに湯切り用の穴が設けられていたり、収納袋自体がバケツにもなる防水性があったり。細かいところに、「なるほど、その手があったか」と思わされるギミックが盛り込まれている。
カラフルな食器類の色ひとつにも理由がある。従来、同じ色で食器は統一されがちだったが、異なる色を使えば、誰が使っているものかが一目瞭然。このように創業者や仲間が実際にフィールドで感じたアイデアから生まれるギアも多い。


3/4