OCEANS

SHARE

2020.02.17

ファッション

今、“NBAランウェイ”が面白い。選手のオフコート事情を探れ!

NBAのオフコート事情●日本人選手の参戦により国内にNBAブームが到来。スター選手たちの華麗なプレーはもちろん、見どころはコート外にも。そのひとつが選手たちのファッションだ。“NBAランウェイ”に見るオシャレ事情。
田臥勇太が日本人初のNBA選手となってから早15年。彼の撒いた種は徐々に花を咲かせ始めた。
八村塁、渡邊雄太、馬場雄大など、多くの日本人選手がNBAに挑戦し、今やニュースでもバスケ情報が流れる時代。ただし、耳に届くのは試合結果ばかり……。
でも実は、NBAは「オフコート」(コート外)でも楽しめる要素が満載なの、知ってた?
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Swipe for puppy content. 🐶 @tissot.us | #TissotStyleWatch
Washington Wizards(@washwizards)がシェアした投稿 –
 
例えば「ファッション」で、八村選手もこの通り。NBA選手たちは会場入りする際、トップモデル級の本気度でオシャレをしていて、本国では“NBAランウェイ”と呼ばれる名物行事になっているのだ。
ときには未発売のコラボアイテムがお披露目されたり、新鋭ブランドを発見する機会にもなるのだが……ある日、ひょんなことからそのことが話題になり、プチ座談会が開かれた。

“NBAランウェイ”座談会メンバー
編集長(原 亮太)
オーシャンズ ウェブ編集長。バスケの知識は「スラムダンク」、バルセロナ五輪のドリームチームで止まったままのオールドスクール世代。
市川メイジ
三十路のさすらい編集者。ストリートメディアを経験後、独立。バスケットボールをカルチャーとして捉えるNBAオタクで、現在は専門誌にも寄稿。
秋山ももこ
入社1年目のフレッシュ編集者。日本人選手の挑戦をきっかけにNBAに興味を持つ。男性ファッションへのコメントは時折辛口な女子。


2/2

RANKING