OCEANS

SHARE

2019.11.16

ファッション

3人のPR女性が言いたい放題「こんなデニムおじさんはイヤだ!」【後編】

オーシャンズが恒例特集「街角パパラッチ」を開始したのは2010年2月号(2009年12月発売)。そのなかに、プレス女性たちが放談する「デニム男子にモノ申す!」なる座談会企画があった。スナップさせていただいた人たちを言いたい放題ぶった斬り、SNS時代であったならば炎上必至だったはず……。それから10年。男のデニムはどう変わったのか? 当時ご登場願ったうちの3名が再集結。過去のスナップ号を広げつつ、今回も自由にモノ申す!

こんなデニムおじさんはイヤだ! 2019【後編】

白熱したトークを繰り広げた座談会前半。「ひとりアーカイブおじさん」「足元あしゅら・おじさん」など、女性陣がイヤだと語るデニムおじさんが続出したが、中盤戦はどんな展開になるのやら。それでは引き続き、自由にモノ申してくださいな。
登壇いただいたのはこちらの3名!
熊倉麻美さん
リエート代表。当時お勤めの大手PR会社より独立して、ブランドコンサルティングやPR業務などを行う会社を経営。デニムを含む海外の有名ブランドを多数扱う。
富瀬和美さん
ファションを中心に、旅、飲食などライフスタイルに関連するブランド&企業のPRをサポート。デニム商社に10年勤めていた経験から、豊富なデニム知識を持っている。
岡泉智子さん
フリーランスのマーケティングプランナー。ファッションからスキンケアまで幅広いジャンルのPRやブランディングを担当。その手腕はデニムブランドでも振るわれる。
前編(FILE1〜5)を読む。

FILE 6:
膝下ぺこぺこ「ストローおじさん」

ーーかつてのパパラッチ特集を見返してみましょうか。
富瀬 10年経つと、さすがにシルエットやフィッティングは全然違いますね。
熊倉 ピーコートとか、トップスも昔はタイトだったよね。
岡泉 ていうか、10年前の人は、デニムの丈がヘン?
遠い記憶を手繰り寄せるため、かつての「街角パパラッチ」特集をプレイバック!
ーーシルエットが今ほど多様化していないし、裾もたるませています。
富瀬 なんかストローみたい。ペコペコって伸びる。
熊倉 ストローおじさん!(笑)
岡泉 当時は、裾や膝裏にもヒゲやハチノス加工ががっつり入っているデニムが多かったから、なるべくしてストロー状態。
熊倉 ストロー全盛期だ。
これがデニムがストロー状態の例である。
岡泉 今でも見かけますよね、ストローおじさん。ブーツの人に多いかも。
ーーブーツの再燃が予想されている今、見逃せない問題ですね。
富瀬 今だと、デニムの裾をタックインするか、裾をブーツのシャフトに軽く乗せるくらいがいいのかな。
熊倉 アンクル丈のブーツなら、デニムの裾を軽くひと折りするっていうのもアリかも。
岡泉 それ、私だけが苦手な「あしゅら裾」だよ!
一同 全然問題なし(笑)。


2/3

RANKING