OCEANS

SHARE

2019.10.20

あそぶ

サタデーズのファウンダーが仕事前にボクシングジムに通う理由

片やサタデーズ ニューヨークシティのファウンダーでもありディレクター。片やベドウィン & ザ ハートブレイカーズのデザイナー。オーシャンズでもお馴染みである、ファッションシーンを牽引する男たちは今ともに打撃系格闘技にハマっている。
前回のベドウィン渡辺真史さんに続き、今回はサタデーズのモーガン・コレットさんのワークアウトタイムにお邪魔!

攻撃性やスタミナ、頭脳、優美さ……、すべてを求められることで成長する。

2009年に東海岸の洗練された都会的サーフシーンを体現するブランド、サタデーズ ニューヨークシティを友人とともに立ち上げる。
モーガン・コレットさん(35歳)1983年、カリフォルニア州生まれ。2009年に東海岸の洗練された都会的サーフシーンを体現するブランド、サタデーズ ニューヨークシティを友人とともに立ち上げる。朝オフィスへ行く前にサーフィンを楽しむようなNY流ライフスタイルの火付け役に。プライベートでは、2歳になる娘の父でもある。
朝7時、ウォールストリートにある20年以上続くボクシングジム「チャーチストリートボクシングジム」を訪れると、ウォームアップしているサタデーズ ニューヨークシティのモーガンがいた。
壁中にボクサーのポスターが飾られ、ラスティックな雰囲気たっぷりのこの空間で、カーディオ、ウェイトトレーニングでカラダを温めたあとは、コーチとのマンツーマンでのスパーリング。横でグループトレーニングをしている人たちに活を入れるコーチの声がスタジオ中に響き渡るのも相まって、早朝だということを忘れるほどエネルギッシュな空気に包まれているニューヨークの朝だ。
モーガンさんが仕事前の早朝に通っているチャーチストリートボクシングジム。
モーガンさんが仕事前の早朝に通っているチャーチストリートボクシングジム。ウォールストリートのクラシックなニューヨークの顔を覗かせるエリアにあるこのジムは、ビルの地下にあってストイックな雰囲気だ。
モーガンは、ここチャーチストリートボクシングジムのコーチとの出会いによって5年前にボクシングを始め、それ以来、週3、4回のトレーニングを続けているという。
「初めて体験したとき、すぐにこれは特別なスポーツだと思ったね。これこそ僕が学びたかったものだった。ボクシングはチェスで使うような頭脳、バレーのような優美さ、そして攻撃性、スタミナなど、バランスのいい運動だと思う。自分にいちばん合ったエクササイズだと思ってるよ」。

すべてのスキルが揃ったボクサーになるためのいろいろなテクニックをミックスしたエクササイズを行うことにより、強さだけでなく、スピード、動き、メンタルのすべてを鍛えるようにしているそうだ。かなりハードなように思えるが、エクササイズをするのは仕事前の早朝だ。


2/3

RANKING