OCEANS

SHARE

2019.10.14

ファッション

デニムの色別、ベストなカラーコーディネイト術

老若男女、古今東西。世界の誰もが愛するデニムだけど、はくだけで誰でもお洒落に見せてくれるわけじゃない。
だけど、色使いの、ちょっとしたポイントを押さえるだけで見違えるほど格好良くなる。それを、今はきたいデニムの色別に解説。
 

半落ちブルーは「ブラウン」とまとめる

インディゴの魅力を存分に味わえる色落ち具合。その鮮やかな色を暖かく包むのがブラウンだ。落ち着いた印象とヨーロピアンな雰囲気まで纏える。
ここにカントリージェントルマンな雰囲気を与えてくれるのが、クラシカルなウールのステンカラーコートとミドルゲージニットだ。
デニム3万円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)、コート4万円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、ニット2万円/ティージー オーセンティック クラシック(クレセントグース 022-213-2805)、Tシャツ1万5000円/パープル ブランド(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、靴6万6000円/パラブーツ(インターナショナルギャラリー ビームス ︎03-3470-3948)
ダメージ感を和らげてみせるカントリージェントルマンな装い
時として清潔感とは裏表となるリアルな加工。ここにカントリージェントルマンな雰囲気を与えてくれるのが、クラシカルなウールのステンカラーコートとミドルゲージニットだ。手作業の加工による“半落ち”デニムは、ブランド最新のテーパードスタイルによって洗練が加わり、ボリュームあるチロリアンシューズでバランスを取った。
 
ここにカントリージェントルマンな雰囲気を与えてくれるのが、クラシカルなウールのステンカラーコートとミドルゲージニットだ
デニム2万3000円/スコッチ アンド ソーダ(スコッチ アンド ソーダ 原宿店 03-6712-6919)、ブルゾン39万円/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、Tシャツ8500円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、ブーツ3万4800円/ノンネイティブ×スイコック(ベンダー 03-6452-3072)
懐かしさと新しさが同居する「キレイめカジュアル」に昇華
起毛したスエードアイテムも、ダメージ加工のインディゴブルーを輝かせてくれる良き一手。ブルゾン&ブーツと同じブラウン系統のボーダーカットソーを組み合わせると、1990年代的「キレカジ」風の小気味良いスタイルに仕上がる。



2/3