OCEANS

SHARE

2019.10.05

ファッション

ウエットスーツを脱いだときに着たい“ユル服”スタイル3

サーファーとは、その独特な潮っぽさがカッコ良さであり、逆説的に、潮臭いだけのアンチファッションではいけないのだ。だって、サーファーって生き物は、サーフィンという底抜けに自由でストークできるシャレた遊びを好む、とびきり感性豊かな種族なのだから。
そしてそれは、オーシャンズな男に通ずる感性でもある。
サーフィンを嗜む人ならおわかりいただけるであろう、このお題。体にフィットしまくるウェットスーツ。ゆえにそれを脱いだあとは、とびきりユルくて楽な服が着たい。そんな願望をかなえる、ユル服ガイド。
 

Style 1
「マイシンクス」のパーカ &
「レインボーサンダル×スタンダード カリフォルニア」のサンダル

「マイシンクス」のパーカ
2万6000円/NYカンパニー 050-1083-0790
身幅も、丈も、スリーブもすべて大きい。でも計算された形だから、だらしなく見えないのがエラい。フードも大きくて何かと被りたくなる。最高です。
 
「レインボーサンダル×スタンダード カリフォルニア」のサンダル
1万2000円/スタンダード カリフォルニア 03-3770-5733
サーファー御用達。ゆえに楽さはお墨付き。こちらは色と素材をアレンジした特別版。
 
パーカ2万6000円/マイシンクス(NYカンパニー 050-1083-0790)、サンダル1万2000円/レインボーサンダル×スタンダード カリフォルニア(スタンダード カリフォルニア 03-3770-5733)、デニム5万6000円/マサオ シミズ www.masaoshimizu.com、白いサーフボード26万8000円〜/トーマス サーフボード(レインボーキャット 050-5532-7033)


2/3

RANKING