OCEANS

SHARE

ラジコン、カヌー、自転車……遊び道具ももちろん充実

調理器具だけでなく、2ルームテント、椅子、テーブル、食材用のクーラーボックス、飲み物用のクーラーボックス、あらゆる道具を入れるシェルフコンテナ、ランタンなどを入れる木箱、ゴミを持ち帰る用のボックス……などといった必需品たちも、基本的にどれもこれもスケールがデカく、ひとつひとつこだわりも強い。
さらに遊び道具にも目を向けてみよう。「レンタルのほうが楽なのでは……」と思えるようなものでも、すべて持参するのが滝澤流だ。
見よ、この重装備を。どれも必需品なので、車に積みっぱなしだそう。2018年8月3日、インスタ上に投稿。
「屋根に積んだカヌーは先輩に借りたものですが、自分でも買いたいと思っています。湖で家族4人で乗っているととても気持ちいいし、落ち着くんです。ちなみに妻はヨガインストラクターなので、最近ではSUPヨガをやるために、SUPボードを積んでいます」。
ラジコンは少年時代からの趣味のひとつ。2019年3月10日、インスタ上に投稿。
「ラジコンは小さい頃からの僕の趣味ですが、今は娘たちもハマっていて、よく3台くらい積んでキャンプ場で走らせています。うちの子供たちに刺激されて、僕の友人たちもどんどんハマっていってますよ!」。
滝澤さんは「まぁラジコンはそんなに嵩張らないです」と言ってのけるが、滝澤家のラジコンは大きいもので全長40センチ。普通の車ならこれだけでもスペースをとるに違いない。
トウモロコシを焼く専用の調理器具も常備!2018年7月17日、インスタ上に投稿。
「これはトウモロコシ専用の調理器具ですね。必ずトウモロコシを食べるわけではありませんが、常備しています。あっ、でも、トウモロコシだけじゃなくて、バナナも焼きますね(笑)。豆を挽いて美味しいコーヒーを淹れてくれる友達がいるので、コーヒーが飲みたくなったら無言でデザートにバナナを焼いて、コーヒーを催促をしています(笑)」。
自転車も装備する滝澤さん。その使いみちは……。2019年2月12日、インスタ上に投稿。
後ろに積んだ自転車は散策用にも使うが、主な用途はトイレへのアシだという。キャンプ場は、テントからトイレまでの距離が長いことも珍しくないため、常備している。
「この自転車は70年代に流通していたヤマハのモトバイクを別のメーカーが復刻させたもの。バイク用のサスペンションが付いていて、アウトドアでも使用できます。でもいつか、車に250cc くらいのバイクを積んでキャンプに行きたいとも思っているんですよ」。


4/4