OCEANS

SHARE

2019.09.06

あそぶ

アクセなイヤホンが気になる。コードレスは必ずしも正義じゃないね

何でもコードレス化が進行するなか、イヤホン、ヘッドホンの類いに関しては、テクノロジーの進化に比べるとその普及が遅めかな?と感じつつ、AirPodsを見てようやく浸透をこの身に実感する昨今。
ただ時代に逆行するかのように(?)、むしろアクセサリー化も進んでいるのは事実。アパレルと音響系の両巨頭がタッグを組んだコード付きイヤホン(ヘッドホン)、なんて話もあるしね。しかも、こんなカラフルでポップなコードタイプを見つけてしまった日には!
ロープ巻き装飾を得意とするドバイ発のブランド、ル ポン ポンのイヤホンである。
ロープ巻き装飾を得意とするドバイ発のブランド、ル ポン ポンのイヤホンである。その配色センスがたまらない。糸が巻かれたネオンカラーのコードはエスニック調でツボに刺さる。
展開するのは、ライトニング端子をもったイヤホンにオリジナルのコードを巻いて鮮やかに飾ったカスタマイズ品。
iPhone 7、8、10、X、XR、XSに対応。各1万3000円/サードマガジン 03-5784-2588
ル ポン ポンは、ほかにはバッグのハンドルやキーチェーンを作る小物ブランドで、女性を中心に日本でも人気が拡大中。展開するのは、ライトニング端子をもったイヤホンにオリジナルのコードを巻いて鮮やかに飾ったカスタマイズ品。
当分、イヤホンのコードレス化は諦めるか、と、時代に逆行してしまうのであった。
 
やっぱり、コードレスだよな。って人のお洒落もあるよ
「ディオール」のAirPodsケース
やっぱり、コードレスだよな。って人のお洒落もあるよ 「ディオール」のAirPodsケース
3万9000円/クリスチャン ディオール 0120-02-1947
そういう人には、やっぱりAirPodsが推奨。ならば、かのディオールから届いた、上質なカーフスキンによるAirPodsケース“入れ”を。カラビナ式のD管を装着しており、バッグのリングやベルトループなど、好きなところに掛けておけるのもいい。そう、失くさないのだ。デザインについては、もう言わずもがなの上品さ。
 
清水健吾=写真 柴山陽平=スタイリング 髙村将司=文


SHARE

RANKING