OCEANS

SHARE

2019.05.15

ファッション

革靴マニア・ユースケ部長が選ぶTPO別ベストシューズ!

現在サードシーズンが開幕中!「部長びんびん“着回し”物語」でおなじみのユースケ部長が自慢の愛用コレクションを紹介してくれました。
スニーカー全盛時代と言えど、仕事では革靴が基本だ。かの服飾評論家、落合正勝氏も「靴に対して最大の敬意を払わなければならない」と断言しており、ここに投資することがその後を大きく左右するのだ。
 

後輩の結婚式なのに雨だ!
CROCKETT & JONES クロケット&ジョーンズ

最も正統的な内羽根ストレートチップながら、ハイドロカーフと呼ばれる雨に強いアッパーと滑りにくいラバーソールを組み合わせた、頼りになる1足だ。/クロケット&ジョーンズ
7万9000円/トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
最も正統的な内羽根ストレートチップながら、ハイドロカーフと呼ばれる雨に強いアッパーと滑りにくいラバーソールを組み合わせた、頼りになる1足だ。天候を選べない冠婚葬祭のシーンではもちろん、取引先への謝罪時にも履いていきたい。
 

ここ一番のプレゼンにはコイツ
EDWARD GREEN エドワード グリーン

縫い目が出ないスキンステッチが名門靴の矜持を感じさせる、名作「ドーバー」。/エドワード グリーン
18万7000円/エドワード グリーン 銀座店 03-3573-6055
縫い目が出ないスキンステッチが名門靴の矜持を感じさせる、名作「ドーバー」。細身のラストで、流れるようなフォルムが、普段見慣れたUチップとは格の違いを見せつける。勝負の日に気合を入れる意味でも、コイツは手放せないだろう。


2/5

RANKING