OCEANS

SHARE

2019.02.14

ファッション

「かっこいいオッサン」の制服。それはブルゾンだ。

「かっこいいオッサン」の制服。それはブルゾンだ。スティーブ・マックイーンや松田優作をはじめ、スクリーンに登場した時代を象徴するかっこいい大人の男たちは、みんなブルゾンを粋に着ていたことが、大きな証拠。
つまり、オッサンにはブルゾンが似合う。そして、ブルゾンが似合うオッサンは格好いい。
 

「トム フォード」のブルゾン

「トム フォード」のブルゾン
12万円/トム フォード ジャパン 03-5466-1123
色気のある男服のデザインにおいて、卓越した手腕を見せるモード界のカリスマが作るコーデュロイブルゾン。オーセンティックな両胸ポケット&ハンドウォーマーを備える、ブランドでも定番的な「アイコン デニム ジャケット」のデザインを素材替えし、味わい深い表情も加味している。
 

「ベルルッティ」のブルゾン

「ベルルッティ」のブルゾン
43万8000円/ベルルッティ 0120-203-718
レザーグッズを中心に用いられるメゾンのアイコニックな表現であるカリグラフィーを、ジャカード織りによってボディ全面に。新アーティスティック・ディレクター、クリス・ヴァン・アッシュの初仕事にして、その辣腕が早くも発揮されている。MA-1型とはいえ中綿のない薄手の仕立で、春の先発アウターにもってこい。
 

「ナイスネス」のブルゾンとキャップ

「ナイスネス」のブルゾンとキャップ
ブルゾン7万8000円、キャップ2万5000円/ともにイーライト 03-6712-7034
一見オーソドックスなベージュのコットン素材のスイングトップ。裏勝りの美学が感じられるペールトーンのマドラスチェックからは早くも春らしさが漂う。変則デザインのハットとともに、クリーンなジャンパー姿を楽しんで。2018年デビューの注目日本ブランド、と知ればさらに楽しくなる!
 

「バラクータ」のブルゾン

「バラクータ」のブルゾン
4万6000円/ウールリッチ 0120-566-120
どこかで“オッサン服”と思っていたゴルフジャケットが似合う年頃だ。かつて愛用したウェルドレッサーから滲む男らしさを盗むなら「G9」を選べ。しかもこれ、ストレッチ素材にアップグレードされてます。最高だ。
 

「ニードルズ」×「ラングラー」のブルゾン

「ニードルズ」×「ラングラー」のブルゾン
2万9000円/ネペンテス 03-3400-7227
業界で話題の初コラボレーション。’50年代にラングラーがリリースしたコットンサテン生地の名作カウボーイジャケット「33MJZ」を唯一無二の個性を持つブランド、ニードルズらしいアレンジで。土クサいコーディネイトでまとめたい!
 

「ヴァイナル アーカイブ」のレザーブルゾン

「ヴァイナル アーカイブ」のレザーブルゾン
13万円/シップス 渋谷店 03-3496-0481
Gジャンはああじゃなきゃ、ライダーズはこうじゃなきゃ、といった固定観念に一石を投じるミクスチャースタイル。言い換えれば、イイトコどり。両者のデザインを巧みに融合させて生まれたのはオリジナリティのある1着。
 
渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング


SHARE

RANKING