OCEANS

SHARE

2018.12.04

からだ

いよいよシーズン突入!大人のためのインフルエンザ対策ツール


例年11月末ごろから年明け2月にかけて猛威を振るうインフルエンザ。流行に敏感な大人の男性であっても、インフルエンザの流行にばかりは、なるべく乗っかりたくないものである。
今回は、スマートフォンアプリで気軽にできるインフルエンザ対策を紹介しよう。
 

インフルエンザの流行情報や基礎情報を知るのに便利

病気予防の第一歩となるのが、対象となる病気について理解をすること。特にインフルエンザのような感染症は、基礎知識だけではなく現在どの地域で流行しているのかといった最新情報も知っておく必要がある。そこで役立つのが、インフルエンザや風邪対策でおなじみのうがい薬「イソジン」の公式アプリ(AndroidiOS)だ。
最新情報をプッシュ通知させることができるので、見逃しの心配が少ない点もうれしい。
感染症発生動向調査週報(IDWR)に基づき、全国約5000カ所から報告される、インフルエンザを含む各種感染症の発生や流行、拡散に関する速報を入手できる点がもっとも便利なところ。
自宅や会社はもちろん、出張先などの情報もわかるので、より万全の対策に役立つ。インフルエンザの基礎知識や、予防に対する意識調査など、雑学としても役立つコンテンツもあるほか、もちろんイソジン製品の正しい使い方などもわかりやすく解説されている。本格的に流行する前から備えておきたいアプリといえるだろう。
 

最新のインフルエンザ警戒レベルを教えてくれる優れもの

感染を避けたいなら、もちろん常に厳重な対策をとるべきなのだが、心配ばかりしているのは精神的につらいもの。どの程度の対策が必要なのかがわかる目安を得たいなら、「インフルエンザアラート」(AndroidiOS)を使うのがオススメだ。
Android版なら、ホーム画面にウィジェットを配置することで、アプリを起動させなくても最新の警戒レベルがチェックできる。
指定した地域、またはGPSにより判定された現在地の天気、気温、湿度をもとに、インフルエンザの警戒指数を判定してくれる点が最大の特徴。プッシュ通知に対応しており、警戒レベルが高まった際に、すぐ教えてくれるのもうれしい。
最新の警戒レベルはもちろん、過去24時間分の指数の推移もグラフで参照できるので、ちょっとした予測にも役立つ。日々の注意が欠かせない冬場には、特に欠かせないアプリとなるはずだ。


2/2