左脳を刺激する! オッサンIT化計画

1990〜2000年代、テクノロジーの進化とともに青春時代を過ごしたオッサンたち。“最新ガジェット”“プログラミング”などにキュンとする気持ちを胸に秘めている人は多いだろう。でも、時代に乗り遅れて凡庸なアナログ人間になっていないか? いまこそ脳を刺激するITに再度目覚めるとき!

NEWS

OCEANS編集部おすすめの、ニューストピックス。ファッションからライフスタイルまでの最新情報を、幅広くお届けします。


隣のオッサンは青いか?

酸いも甘いもかみ分けて、世の中のおおよそのことがわかった年代。けど、いまだにわからないのが、人の心。家族や友人に同僚、あるいは自分の心だって、イマイチ理解できないことは多々あるのだから難しい。そこで、世間に秘めたる胸の内を問う! タテマエはさておき、実際どう考えてます?

FUN! the TOKYO 2020

いよいよ来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。何かと “遊びざかり”な37.5歳は、 この一大イベントを思い切り楽しむべき。
競技を観るのもするのも、主な拠点となる東京を遊ぶのも、 存分に。2020年の東京を……Let’s have FUN!

離婚
オーシャンズ X

「離婚したんだ」と話せば大抵は憐憫の眼差しを向けられるだろう。だが、長い目で見ると必ずしも不幸な出来事とは限らない。バツは見方を変えるとX(エックス)という“未知数“を表す記号にもなるのだ。3組に1組が離婚すると言われている今、本連載では「幸せな離婚」について論究していく。

37.5歳からの愉悦

お酒が飲める年になって、ずいぶんと月日が流れた。「だいたい頼むものは決まっている」だなんて、いささかもったいない。有史以来続くアルコールの文化は、奥深いのだから。今こそ知るべし、お酒という名の文化を。まさに酸いも甘いもかみ分けた、大人の愉悦なのである。

SEAWARD TRIP
ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム
美容警察

「37.5歳からのリアルコスメ捜査班」それが美容警察。
男性美容が常識となりつつある昨今、巷にはコスメが溢れ、選択肢は広がっているものの、その反面、本当に使えるものを選び取ることが難しくなっているのも事実。美容警察は、迷えるオッサンたちを男前にするリアルコスメを探し出し、逮捕する男たちのドラマである。

シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05