2021.04.30
WATCH

主役級が勢揃い! 「チューダー」2021年の自信作5本をピックアップ

4月初旬にデジタルで開催された時計の新作展示会「ウォッチズ&ワンダーズ 2021」。

そこで発表され、どれも即完必至と話題をさらったのがチューダーの新作だ。

予想以上の出来栄えを披露した傑作の数々。

その中から、特に注目の5本を紹介しよう!

レーシングクロノグラフの再解釈

ブランド初のクロノグラフが1970年に誕生して以来、チューダーとクロノグラフとは切っても切れない関係にあり、これまで多くの傑作を世に送り出してきた。

「ブラックベイ クロノ」SSケース、41mm径、自動巻き。56万4300万円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

「ブラックベイ クロノ」の新作では、2つのダイヤルカラーを展開するステンレスケースのモデルが登場。前作のコンビケースと同様、往年のレーシングクロノグラフを彷彿させるデザインは、シンプルながら大きな存在を放つ。

「ブラックベイ クロノ」SSケース、41mm径、自動巻き。53万200万円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

スチール製リベットブレスレット、エイジドレザーストラップ、ジャカードファブリックストラップの3種類から選択できるのもうれしいポイント。

また、スクリュー式のプッシュボタンやリュウズなどの仕様が可能にする、200mの優れた防水性能など、チューダーのダイバーズウォッチとクロノグラフの伝統を融合させた水陸両用の魅力を併せ持つこのモデルは、アクティブ派にとって頼もしい味方となるだろう。

NEXT PAGE /

史上初の素材を使ったダイバーズ

続いてが、チューダーのダイバーズウォッチ史上初となる貴金属をケースに採用した2つの話題作だ。

1本目は、18Kイエローゴールドのケース&オープンケースバックが自慢の「ブラックベイ フィフティ-エイト 18K」。

「ブラックベイ フィフティ-エイト 18K」18KYGケース、39mm径、自動巻き。182万3800万円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

この時計に唯一無二の個性を与えているのが、ダイヤルとベゼルインサートに使用した“ゴールデングリーン”と名付けられたカラーである。

サテン仕上げによるマットな質感の18Kゴールド製のケースとこのグリーンの組み合わせはすこぶる好相性だ。

デニムにも映えるダイヤルカラーの威力は絶大!

続いてこちらは、時計の素材としてはまず見かけることがない925シルバーを用いた「ブラックベイ フィフティ-エイト 925」。

「ブラックベイ フィフティ-エイト 925」925シルバーケース、39mm径、自動巻き。46万7500万円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

優れた耐食性を持つ“インカンデセントシルバー”と呼ばれる合金をベースにする925シルバーは、独自の配合比率から生まれる。

鈍い輝きを放つシルバー製のケースにマッチするトープカラーのダイヤル&ベゼルインサートは、まるでエイジングしたヴィンテージウォッチのような雰囲気を併せ持つ。

そしていずれのモデルもストラップへのこだわりも並々ならない。

どちらのストラップも甲乙付けがたい仕上がり。

ケースの厚みにフィットするように計算されたレザーストラップか、カジュアルダウンに最適なファブリックストラップの2種類から選択可能。これは大いに迷うところだろう。

チューダーによる史上初のダイバーズ、注目せずにはいられない。

NEXT PAGE /

小径×シルバーの魅力

3サイズの用意がある人気の「ブラック ベイ 41、36、32」では、シルバーダイヤルの新作がお目見え。ここでのイチオシはずばり36mm径のモデルだ。

「ブラックベイ 36」SSケース、36mm径、自動巻き。31万9000万円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

そもそもシンプルな3針はケースが大きすぎると文字盤のレイアウトが間延びしてしまう場合があるが、「スノーフレーク」と呼ばれる時針と大きなドットのインデックスを備えたこの時計であれば心配は無用だ。

ユニークな意匠が映えるシルバーのダイヤル。ブレスレット及びストラップは全3種類を用意している。

ダイバーズウォッチの文脈から派生した時計ならではの堅牢な設計も魅力のひとつ。150mの防水性はデイリーユースでは十分な安心感を与えてくれる。

 

[問い合わせ]

日本ロレックス / チューダー
03-3216-5671

戸叶庸之=文

# チューダー# ウォッチズ&ワンダーズ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る