2021.11.26
WATCH
PR

モダンダイバーズのDNAを引き継いだブランパンの「バチスカーフ」。その真価とは?

今やダイバーズは、ダイビングという範疇を超え、スポーツウォッチのスタンダードになっている。そのモダンダイバーズの礎を築いたのがブランパンだ。

そしてさらなる可能性の扉を開いたのが「バチスカーフ」。タウンユースという新たなフィールドで進化を続ける。そこには変わらぬ冒険と探求の精神が宿る。

 

確かに息づくモダンダイバーズのDNA

オリジナルのデザインを受け継ぐ、バーハンドと丸いアワーインデックスのコンビネーションに、シリーズ初となるアンスラサイトカラーのダイヤルにセラミックスリングのベゼルが洗練を醸し出す。13.45mmのケース厚は袖に収まりやすく、軽量チタンでフィット感も軽快だ。

深海の水圧に耐え、暗がりでも確実に時間が読み取れる。こうしたダイバーズウォッチに求められるタフネスな機能のなかでも、回転式ベゼルは必須になっている。潜水中の経過時間の把握は不可欠であり、それを逸した場合は命にも関わるからだ。

だからこそモダンダイバーズのデフォルトになり、これを発明し、1953年に初めて実用化したブランパンの「フィフティ ファゾムス」はその原点と讃えられるのである。

しかし探求は終わらなかった。当時マリンスポーツは世界的なブームとなり、レジャーとして広まるなかで、ダイバーズを海ばかりでなく日常的に使いたいというニーズが高まった。

内蔵する自社ムーブメントは、3つの香箱により5日間のロングパワーリザーブを誇り、シリコン製ヒゲゼンマイで磁場の影響も受けない。「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」チタンケース、43mm径、自動巻き。125万4000円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)

そこで新たに開発されたのが「バチスカーフ」だ。

本来の機能を損なうことなく、ケースは厚みを抑え、フェイスもよりスマートに。マリンアクティビティをこなし、タウンユースもできる汎用性はダイバーズの新たなベクトルとなった。

フィフティ ファゾムス コレクションの詳細はこちら

NEXT PAGE /
腕時計125万4000円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)、ジャケット11万円/ワコマリア(パラダイストウキョウ 03-5708-5277)、シャツ2万6500円/インディビジュアライズド シャツ フォー エディフィス(エディフィス 新宿 03-5366-5481)、カットソー1万5800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、デニム2万7500円/ラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道 03-6805-1630)

その名は深海探査の潜水艇から付けられているように、未踏の世界を目指す探検心は新作でも健在だ。

ケースはグレード23チタンを初採用。時計ではほとんど使用されないこの素材は超軽量に加え、高い耐衝撃性や耐圧性、耐食性を備える。渋銀のケースは先進性の証しであり、ダイヤルやベゼルとのワントーンは都会的な雰囲気を演出する。

海と街をシームレスにつなぐモダンダイバーズの決定版。男の腕元でアクティブな日常の時を刻み続けるに違いない。

フィフティ ファゾムス コレクションの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
ブランパン ブティック銀座
03-6254-7233
www.blancpain.com/ja

 

須藤敬一=写真 松平浩市=スタイリング 飯嶋恵太(mod’s hair)=ヘアメイク 柴田 充=文

# ブランパン# ダイバーズウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る