2021.11.05
WATCH
PR

激レアなミリタリー時計がネタ元のハミルトン カーキ新作。知るほどに増す魅力を解説

今や大定番のミリタリー時計だが、なかでも“超”が付くほどメジャーな存在といえばハミルトンのカーキだ。

そんな人気シリーズにこの度、とある激レアモデルをデザインソースにした新作が登場。

「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」SSケース、43mm径、手巻き。15万9500円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

早速、その魅力をレポートしたいが、まずはカーキについての簡単なおさらいから。

第二次世界大戦中にアメリカ政府より依頼を受け、ハミルトンは軍用時計を製造。その流れを汲む正統後継モデルこそが、カーキである。

シンプル&タフを貫くオーセンティックなデザインが特長で、バリエーションの豊かさも白眉。フィールド(陸)、ネイビー(海)、アビエーション(空)と大別されるように、あらゆるシーンに応じた機能性が過不足なく備わっている。

「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」SSケース、38mm径、自動巻き。12万5400円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

で、新作の「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」。

名前の通り空軍へ支給された時計をモチーフにするのだが、さらにもうひとつ明確なルーツを持つ。

それが、今なおヴィンテージ市場で絶大な人気を誇る「モデル23」。腕時計ではなく、作戦実行中のナビゲーターが携帯した懐中時計だ。

「モデル23」は、ハミルトンとしては珍しいポケットウォッチということもあり、今もヴィンテージ市場で根強い人気を誇るモデルだ。

そもそもハミルトンは第二次世界大戦中、腕時計だけでなくマリンクロノメーターや計時機器を軍に納品しており、「モデル23」も2万7000個以上を供給した記録がある。

緻密な作戦を支えた正確性は、これらの機器ありき。そのなかで「モデル23」は、ワンプッシュでスタート、ストップ、リセットが行える当時最先端のクロノグラフとして活躍した。

視認性に優れたスリムなインデックスやカテドラル針、レイルウェイトラック、そしてグローブをしたままでも回しやすい大きなオニオンリューズや両回転ベゼルなど、機能を裏打ちする武骨な顔立ちは男心をくすぐるに十分。

「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」SSケース、43mm径、手巻き。15万9500円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

それらの見どころそのままに腕時計へと昇華させた「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」は、まさしく“語れるミリタリーウォッチ”と呼べるだろう。

「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」SSケース、38mm径、自動巻き。12万5400円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

43mmと38mmという、2つのケースサイズが用意されるのもうれしい。

ともにクロノグラフでこそないものの、心臓たるムーブメントには当時の面影を感じさせる手巻き(43mm)と、80時間のロングパワーリザーブ&高耐磁性能を備えた自動巻き(38mm)をそれぞれ採用。

ヘリテージを想いつつゼンマイを巻き上げるか、モダンな恩恵に浸るか。

「カーキ アビエーション パイロット パイオニア」ブロンズケース、43mm径、手巻き。19万2500円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

43mmには色合いの変化も味わいとなるブロンズケースモデルもラインナップし、一層の選ぶ楽しみを与えてくれる。

渋みと深みを宿すパイロットウォッチ。古くて新しいカーキが、これからの時間をさらにワクワクさせる。

 

[問い合わせ]
スウォッチ グループ ジャパン
03-6254-7371
www.hamiltonwatch.jp
商品詳細はこちら

増山直樹=文

# ハミルトン# ハミルトン カーキ# 懐中時計
更に読み込む
一覧を見る