2021.07.05
WATCH
PR

 “3つの稀少性”を持つ粋なオシアナス。時計好きが見逃せない価値を解説しよう

「オシアナス」というジャパンウォッチをご存知だろうか。

カシオの時計ブランドで、英語の綴りは“OCEANUS”。我らOCEANS(オーシャンズ)と近い名前に親近感を抱いてしまうが、やはり海との親和性が高く、波をモチーフとしたブランドロゴを持つ。

「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)

そんなオシアナスに、このたび特別な新作が仲間入り。それはあらゆる角度からレアで粋な1本だ。

時計好きの心に刺さる、3つの魅力を紐解いていこう。

腕時計の詳細はこちら

 

稀少性① 伝統技術が生んだ、この世にふたつとない時計

「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)

時計のダイヤルとチタンベゼルに広がる見事なまでのグラデーション。日本を代表する伝統工芸のひとつ、蒔絵が施されているのだ。

実はこれ、京都の著名な蒔絵師である下出祐太郎氏の手仕事によるもの。彼自ら山形のオシアナスの工場まで出向いて丁寧に仕上げた、繊細な蒔絵が時計を彩っている。

下出氏は京都で100年以上続く蒔絵工房「下出蒔絵司所」三代目。伝統技法を受け継ぎ、蒔絵の制作や文化財の修理修復を行う。

漆で紋様を描く“塗り”という工程のあと、プラチナ粉を蒔きつける“粉入れ”し、美しい蒔絵を完成させていく。「悠久のささやき」と名付けられた紋様は、光を受けた水の煌めきを7万粒のプラチナ粉で表現。

手作業で仕上げているので、その紋様は一つひとつ微妙に異なる。まったく同じ時計はこの世に存在しないという点でも、稀少といえるだろう。

オシアナスは、これまでも「江戸切子」や「阿波藍」を着想源にしたモデルを発表し、日本の伝統工芸との結びつきを強めてきた。

今回の蒔絵モデルは、3シリーズ目。美しいルックスはもちろんのこと、唯一無二のアート的価値にも時計好きの所有欲がくすぐられるに違いない。

腕時計の詳細はこちら

NEXT PAGE /

稀少性② 古典と融合した、先進のテクノロジー

近づいてみると蒔絵の繊細な美しさがよくわかる。「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)

伝統的な蒔絵を纏う一方、この時計には最先端のテクノロジーが搭載されている。カシオが誇る優れた技術力の結晶といえる時計なのだ。

2004年の誕生以来、機能性と色彩表現の両軸で時計作りを続けてきたオシアナス。チタンケース&ブレスレットを備えたこの蒔絵モデルは、標準電波受信機能による時計単体での時刻修正に加え、Bluetoothを使ったスマホとのリンクによって時刻修正機能を搭載する。

薄型なので、シャツやジャケットの袖口を邪魔せず、ストレスなく着用できるのもうれしい。「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)

また、ワールドタイムの時刻を約300都市から簡単に設定でき、自動でタイムゾーンやサマータイムの変更にも対応。これだけの機能を実装しながら、9.3mmという薄さを実現したのも、彼らの技術力が成せる技である。

そして忘れてはいけないのが、蒔絵という繊細な技法を時計に施すこと自体が、めちゃくちゃテクニカルであるという事実だ。しかもオシアナスのダイヤルは日光を動力に変えるソーラー蓄電式なのだから、難度はさらに上がる。詳しいことはもちろん企業秘密だが。

先進のテクノロジーと伝統的な美の競演。そういった意味でも、実に日本らしい稀少な時計といえるだろう。

腕時計の詳細はこちら

NEXT PAGE /

稀少性③ 1500本限定の実用性も備えたコレクションピース

時計はシンプルなTシャツスタイルにもしっくり馴染み、装いにアクセントを与えてくれる。「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)

外装に唯一無二の装飾を施し、内部にモダンな機能性を秘める最新のオシアナス。その贅沢な仕様ゆえに、1500本限定での販売となる。

とはいえ、ただ眺めて愉悦に浸るためのコレクションピースに終わらないところが、この時計の魅力。実用性もしっかり備えているからこそ、時計好きをますます虜にする。

「OCW-S5000ME-1AJF」チタンケース、42.3mm径、電波ソーラー。27万5000円/オシアナス(カシオ計算機 03-5334-4869)

前述したとおり、正確な計時や10気圧防水などのスペック面は頼もしく、日常使いを力強くサポートしてくれる。また、チタン素材なので、軽さとタフさも兼ね備えている。

黒の配色も実用性を高めている要素のひとつ。落ち着いた色合いで合わせる服を選ばず、八面六臂の活躍が期待できそうだ。

揺るぎなき伝統と革新を宿しながら、日常にも寄り添ってくれる蒔絵のオシアナス。3つの稀少性を搭載した粋な時計を腕元に、来たる夏を謳歌しよう。

腕時計の詳細はこちら

 

[問い合わせ]
カシオ計算機 
03-5334-4869

清水将之(mili)=写真 松平浩市=スタイリング MASAYUKI(THE VOICE)=ヘアメイク 増山直樹=文

モデル着用アイテム●
[外のシーン]
シャツ2万8600円/ヨーク(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、Tシャツ8800円/ユハ 03-6659-9915
 [自宅のシーン]
Tシャツ2万900円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、パンツ3万1900円/ヨーク(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、メガネ5万1700円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

# カシオ# オシアナス# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る