2021.07.02
WATCH
PR

“初めてのダイバーズ”はミドーの新作オーシャンスターで。その理由となる3つのポイント

男の定番腕時計といえばダイバーズ。堅牢性と機能性、高いデザイン性を備えたまさに“王道”だ。

とはいえ、いざ初めての1本選ぶとなると、何を基準にしていいものやら。そこで勧めたいのが、ミドーの新作「オーシャンスター 200C」である。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。各13万3100円/すべてミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

ダイバーズのエントリーに最適、と言われる3つの理由を紹介していこう。

オーシャンスター 200Cの詳細はこちら

 

①王道デザインゆえに、スタイルを選ばない

ダイバーズウォッチといえば、スキューバダイビングを想定した高い防水性能はもちろん、水圧にも強いタフネス、そして深海でも見やすい視認性の高さを持ち合わせている。

ゆえに、ケースやベゼルは“ゴツい”のが基本。それが大きな魅力でもあるのだが、普段使いでは「ちょっとボリュームが気になる」場合も。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

オーシャンスター 200Cのケース径は42.5mm、厚さは12.3mm。しっかりボリューム感が楽しめるのに、決して“デカ厚”には見えないギリギリのサイズだ。

普段使いで悪目立ちしない絶妙なサイズは、さまざまなスタイリングと相性良し。これこそ、“初めてのダイバーズ”に推したいひとつめの理由だ。

 

カジュアルな夏スタイルにも……

グレースウェットとSSケースは、好相性の組み合わせ。とはいえ、リブ袖にボリュームのあり過ぎるダイバーズは、バランスが悪い。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

オーシャンスター 200Cのサイズは、リブ付きのスウェットにもすんなりマッチ。さらにダイヤルとベゼルで微妙にトーンの異なるグリーンは、モノトーンのコーディネイトによく映える。

男の数少ない“装飾品”として、シンプルな夏の装いに良いアクセントを加えてくれるのだ。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

 

カジュアルセットアップにも……

ニューノーマルで、活用頻度が増えたカジュアルセットアップ。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

先述のサイズ設定に加えて、オーシャンスター 200Cは、無駄な装飾を削ぎ落とした王道のダイバーズデザインだから、トゥーマッチな“ゴツさ”は皆無。ビジネスシーンにもしっかりフィットしてくれる。

都会的な光沢を放つセラミック素材が採用されたベゼルも、セットアップスタイルを引き立てる上品なアクセサリー感覚で着けられるのがいい。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

王道のネイビーセットアップには、ブルーのダイヤルがよく似合う。

オーシャンスター 200Cの詳細はこちら

NEXT PAGE /

②誕生から77年。人に自慢したくなるヒストリー

ミドーの時計メーカーとしての歴史は、1世紀以上(スイスにて1918年設立)を数える。

実は、ダイバーズにとって重要な防水性や耐久性の追求に、早くからこだわってきたブランドのひとつとして知られている。

アイコニックなモデル“オーシャンスター”は、それら多くの技術を活かして1944年に登場。

こちらは1930年代に、完全防水を可能にした防水パッキンシステム「アクアデュラ」の図解。当時の画期的な技術で、特許を取得した。

戦前から時計の防水性に真摯に向き合ってきた歴史は、現代のオーシャンスター 200Cにも確かな信頼を与えてくれる。

[左]1950年代に使用されていた防水機能のテスト装置。モデルごとに加圧テストを繰り返していた。[右]“オーシャンスター”の1960年代の広告。当時からダイバーズウォッチ界の“ひとつ星”としての矜恃を表す。

ダイバーズに定評のある時計ブランドは数あれど、ミドーの“オーシャンスター”は、77年の歴史と先駆的な技術を持ったモデルとして一目を置かれる存在なのだ。

オーシャンスター 200Cの詳細はこちら

NEXT PAGE /

③高品質なのに気軽に付き合える“いいギャップ”

オーシャンスター 200Cは、スイスメイドで、ミドーキャリバー 80という高品質の自動巻きオリジナルムーブメントを搭載していながら、15万円を切る価格設定が革新的だ。

しかも、王道から珍しいカラーまで3色を用意するダイヤルのオリジナルのカラバリが、どれをチョイスしてもオンオフ問わず使えるのがいい。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

クリーンなスタイルに好相性の爽やかなブルー。波紋のようなダイヤルのデザインも大きな特徴だ。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

日に焼けた肌によく似合うグリーン。ダイヤルの淡いグリーンとベゼルの濃いグリーンのコントラストが全体の印象を引き締める。

オーシャンスター 200C
「オーシャンスター 200C」SSケース、42.5mm径、自動巻き。13万3100円/ミドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190)

ダイバーズでは珍しいシックなグレー。オレンジの挿し色も効いている。逆回転防止ベゼルの光沢と相まって、都会派で上品な印象だ。

ねじ込み式のケースバックには、“オーシャンスター”に代々受け継がれるヒトデのロゴが刻まれている。

トレンドに左右されない王道のケースデザインと絶妙なサイズ、歴史に裏打ちされた確かな作り、魅力的で付き合いやすいカラバリとプライス……。

オーシャンスター 200Cは、“初めてのダイバーズ”にはもちろん、ふたつ目以降の相棒を探しているダイバーズラバーにも、間違いない名作と言えるのだ。

オーシャンスター 200Cの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
スウォッチ グループ ジャパン
03-6254-7190
www.midowatches.com

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング AMANO=ヘアメイク  長谷川茂雄=編集・文

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

※モデル着用アイテム
スウェットのカット
スウェット1万6500円/ウィンダンシー(エリオット 03-5708-5757)、ショーツ2万7280円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)

ジャケットのカット
ジャケット3万3000円、パンツ2万3100円/ともにワイドット バイ ノルディスク(ヒュッゲストア バイ ノルディスク 03-6661-4347)、Tシャツ1万9800円/ユーゲン(イデアス 03-6869-4279)

# ミドー# オーシャンスター 200C# ダイバーズウォッチ
更に読み込む
一覧を見る