Watchの群像劇 Vol.64
2021.11.16
WATCH

大人の知性を醸し出せる腕時計。その名は「ノモス グラスヒュッテ」fromドイツである

創業者はデザイナー出身であり、また創業地がドイツ時計産業の聖地であったことから、実用機能とバウハウスの精神を受け継ぐ端正なデザインを融合する「ノモス グラスヒュッテ」。

この実用主義なジャーマンウォッチに相応しいファッションとは。

NOMOS GLASHÜTTE
ノモス グラスヒュッテ/メトロ ネオマティック 41 アップデイト

ロジカルに時を刻む「ノモス グラスヒュッテ」の腕時計には、“飾り気がない”スタイルが良く似合う
SSケース、40.5mm径、自動巻き。55万円/ノモス グラスヒュッテ(大沢商会 03-3527-2682)

ノモス グラスヒュッテは1990年にドイツ東部グラスヒュッテで設立。1906年創業の名門を前身に、東西ドイツ統合によって新たなスタートを切ったのである。

2針とスモールセコンドのシンプルな表示に個性を添えるのが、ダイヤル外周に備えたデイト表示だ。独自の機構と表示においてふたつの特許を取得。ロジカルに時を刻む。

飾り気がない。それも男にとって最高の褒め言葉

腕時計55万円/ノモス グラスヒュッテ(大沢商会 03-3527-2682)、カーディガン3万5200円、モックネックシャツ2万8600円/ともにレインメーカー 075-708-2280

ミニマルデザインのジャーマンウォッチに、モックネックのインナーと共地のカーディガンをアンサンブルで合わせる。

すっきりとした首元はリラックス感があり、高機能素材のフリースゆえ保温性も高い。

フェミニンな印象のアンサンブルだが、重厚感あるブラックが男らしさを演出し、シンプルなスタイリングにさりげない大人の知性を醸し出すのだ。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

川田有二=写真 石黒亮一(ota office)=スタイリング MASAYUKI(The Voice)=ヘアメイク 柴田 充=文

# Watchの群像劇# ジャーマンウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る