2021.07.18
WATCH

パテック フィリップ「ノーチラス」。度重なるニュースが落ち着いた今の状況を俯瞰してみた

パテック フィリップといえば「ノーチラス」。言わずと知れた超人気モデルが今、多くの話題を振りまいている。

最強のトレンドカラーを取り入れた「ノーチラス」も登場!

度重なるニュースもようやく落ち着いたかと思える今、状況を俯瞰して見てみよう。

▶︎「ノーチラスのセンス良すぎるデビュー、ウエットスーツにもスーツにも」はコチラから

人気カラーの廃盤! からの新色デビュー! からの……

2006年のデビュー以来、「ノーチラス」の人気を支え続けたのは、ステンレス製3針モデル(Ref.5711/1A)ブラック・グラデーションのブルーダイヤルとホワイト文字盤だ。

パテックフィリップのノーチラス。
「ノーチラス」と聞けば誰もが、この姿を想像するブラックグラデーションのブルー・ダイヤル。

その生産が終了すると、2021年1月に発表された。

たくさんの“予約”もあるなかでの突然の発表に、世の時計好きは驚愕。「ノーチラス、どうなるの?」と囁かれていたところに、まさかのニュースが舞い込む。

それが新色、オリーブグリーン・ソレイユ文字盤の誕生である。

パテックフィリップのノーチラスのグリーンダイヤル

パテックフィリップのノーチラスのグリーンダイヤル
「ノーチラス Ref.5711/1A」SSケース、40mm径(10時-4時方向)、自動巻き、401万5000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109)

さらには、同一の文字盤を使用し、ベゼルに約3.6カラットものダイヤモンドをあしらったモデルの登場も話題をさらった。

「ノーチラス Ref.5711/1300A」SSケース、40mm径(10時-4時方向)、自動巻き。1086万8000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109)

ご存知のように、今年は多くのブランドからグリーンダイヤルのリリースが相次いでいるが、「ノーチラスよ、お前もか」と言うのは間違っている。

なぜなら、2019年に「アクアノート」の新色としてカーキグリーンをいち早く採用していたのがパテック フィリップ。その先見性は確かだろう。
※アクアノート誕生の経緯から今年の狙い目はコチラ

「アクアノート Ref.5168」18Kホワイトゴールドケース、42.2mm径(10時-4時方向)、自動巻き、502万7000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109)

そして、新色のオリーブグリーン・ソレイユ文字盤が発表されるのとほぼ同時に、また、驚きのニュースが飛び込む。

NEXT PAGE /

2021年でRef.5711/1Aは廃盤!

ブランド屈指の人気モデル(Ref.5711/1A)がなんと、2021年内をもって廃盤になるというのだ。

ノーチラス史上指折りのレアピースになり得る可能性を秘めた、ダイヤモンドを散りばめたモデル。

ロングセラーであったRef.5711/1Aの有終の美を飾る話題作は、製造期間が極端に短いことからも入手はすでに困難。今後は超稀少なコレクターズアイテムとして存在感を高めていくはずだ。

 

去るものあれば、来る新たな傑作も

1976年にシンプルな2針のスポーツウォッチから始まった「ノーチラス」は現在、多彩なファミリーを擁するコレクションに成長した。

そのなかでも稀少性の高いコンプリケーションの人気は抜群。2014年に登場した「ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ」はその筆頭だ。

「ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ Ref.5990/1A」SSケース、40.5mm径(10時-4時方向)、自動巻き、679万8000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109)

120メートル防水という実用性に秀でたこのモデルは、操作しやすいフライバック式クロノグラフ、出発地と現地時刻を昼夜表示するデュアルタイム、現地時間の日付表示という3つの複雑機構を搭載する。

「ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ Ref.5990/1」18Kローズゴールドケース、40.5mm径(10時-4時方向)、自動巻き、1223万2000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109)

これまでステンレススチールだけの展開だったが、新たに18Kローズゴールドバージョンが仲間入り。鮮やかなブルー・ソレイユ文字盤と奏でるエレガントな存在感は唯一無二。

「ノーチラス」の伝統が息づく、エンボス模様を施したブルー・ソレイユ文字盤。

スポーツウォッチを新たなステージに引き上げる傑作となるのは間違いなさそうだ。

 

感情の持っていき方がわからなくなるほど多くの話題が届くなか、新たな傑作も続々と現れる「ノーチラス」ファミリー。

今年で勇退する傑作のラストと、その文脈を受け継ぐ次なるスターの存在に、世界が注目している。

 

[問い合わせ]
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
03-3255-8109

戸叶庸之=文

# パテック フィリップ# ノーチラス# 腕時計
更に読み込む