2020.12.18
WATCH
PR

自分に、パートナーに贈るハミルトン。三者三様で選ぶモデルとその理由

いろいろあった今年も、いよいよあと僅か。たくさん頑張った自分や例年以上のストレスがあったであろうパートナーに、一年の労いを。

そんなご褒美に最適なのがハミルトンの腕時計たちだ。

オーシャンズでも活躍する3人が選んだハミルトンと、その理由を見ていこう。

 

CASE. 1 モデル 三浦理志さん

前回の記事では、テラスモール湘南にできたばかりのハミルトンのポップアップショップに潜入したマーシーこと三浦理志さん。自分へのご褒美として、気になるモデルを3本チョイスして試着した模様をお伝えした。その結論はいかに!?

時代を超えた長い付き合いに最適と「カーキ フィールド メカ」を選択

二度にわたる大戦において、アメリカ軍に正式採用されたという歴史的事実も男心をくすぐるハミルトンの「カーキ」。

「ハック!」という、上官の合図とともに一斉に兵士たちが時刻を合わせ、作戦を開始したことから、ハック・ウォッチという愛称で親しまれてきた。

SSケース(ブラックPVD加工)、手巻き、38mm径 6万6000円/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

「ダイバーズウォッチやサーフィン用のデジタルウォッチはいくつか持っているんだけど、本格的なミリタリーウォッチは意外に持ってないかも。

歴史を知れば知るほど、シンプルな作りに込められた深い歴史があるのも面白いよね。ミリタリーと言えばやっぱりグリーン系だけど、ブラックのケースにグレーのストラップという組み合わせも新鮮だったから、コレを選びました!」とマーシー。

マーシーさんが改めて訪れた「ハミルトンブティック 東京 キャットストリート」。ハミルトンの全ラインナップと世界観を存分に味わえる。コート20万円、ニット6万8000円/ともにユーゲン(イデアス 03-6869-4279)

いつもの着こなしにも馴染むし、小ぶりなサイズ感も新鮮

「デザインも機能もいっさい無駄がなくてシンプル。とにかく文字盤が見やすくて、パッと見ただけで時刻が分かるのがいい。多機能でも操作が複雑なのは苦手なんだよね(笑)。

このブラックのモデルなら合わせる服も選ばないし、ちょっと小ぶりなサイズも好み。グレーやベージュといった手持ちのアウターとの相性も良さそうだし、ピリッと男らしさを加えてくれるのがミリタリーならでは」。

こちらの「カーキ フィールド メカ」は単なる復刻ではなく、現代生活のニーズに応えるべくムーブメントを改良。手巻きながら80時間ものパワーリザーブを誇る。

「何本か時計を持っていると、ついつい放置したままにして止まってしまいますが、このカーキなら2〜3日に1回巻き上げるだけでもいい。面倒臭がり屋の僕にはありがたいんです」。

戦地での必要から生まれたミニマルなデザインと実用性は、決して時代の移ろいに惑わされることがない。

リュウズを回すたびに、ベルトを付け替えるたびに愛着が増すから、この先も長く手放すことのできない一本となるはず。

カーキ フィールド メカの詳細はこちら

NEXT PAGE /

CASE. 2 スタイリスト 菊池陽之介さん

本誌でも多数の時計企画を担当し、普段からハミルトンの「ベンチュラ」を愛用している菊池さん。ファッションの原体験としてアメリカの存在があったことからも、ハミルトンは特別なブランドと語る。

大人の“大人しくない”ワンポイントに最適と「ハミルトン PSR」を選択

世界初となるLED式デジタル表示を採用し、時計史にその名を刻む傑作であるハミルトンの「パルサー」。1970年の登場から50周年にあたる今年、「ハミルトン PSR」として復刻されたことが大きな話題に。

SSケース、H34.7×W40.8mm、デジタルクオーツ 9万円/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

「定番のベンチュラやカーキにばかり目が行きがちですが、やっぱりこのPSRもハミルトンらしいアイコニックな1本ですよね。今回の復刻に当たって調べてみたら、映画『007/死ぬのは奴らだ』でジェームズ・ボンド役のロジャー・ムーアが着用していたというのもグッとくる。

でも個人的には、’90年代にLED時計がリバイバルヒットしたことがあって、そのスペーシーなフォルムと赤いLED表示が強く記憶に残っていました」。

発売された’70年代当時、人々が熱狂したスペースエイジを具現化した未来の時計「パルサー」は、半世紀を経た今の我々の目にも大きなインパクトを放つ。

「ある種の飛び道具と言うか、クセが強いデザインなんですが、そこがいいんです。コーディネイトに合わせやすいとかそういうことではなくて、モノ自体が放つオーラがある。

だから、大人のハズしとして着けるのにちょうどいいと思うんです。男なら誰もが反応するだろうし、それが会話のきっかけになることもあるはず。

時代を超越したデザインが、大人になった我々世代の“ワンポイント”として格好いいと思い、ハミルトン PSRを選びました」。

ハミルトン PSRの詳細はこちら

NEXT PAGE /

CASE. 3 モデル 肥野竜也さん

3人目の選者は、本誌をはじめさまざまなメディアや広告で活躍し、愛妻家としても知られる肥野さん。クリスマスを目前とした今、日々の感謝を込めて、妻やパートナーへハミルトンを贈るというのも一興だ。

背景まで理解した“気持ちのこもった”ギフトに最適と「ボルトン」を選択

「ハミルトンはアメリカを代表する時計ブランドであることはもちろん、昔から好きな映画で目にするシネマウォッチというイメージがあります。

それから、雰囲気も価格面も取り入れやすいという点も頼もしい存在。今回は女性用ギフトという視点で改めてラインナップを拝見しましたが、特に気になったのがクラシックなデザインの時計です」。

こちらはアール・デコとアメリカンクラシックスタイルが融合したレディスウォッチ「ボルトン」。

SSケース、クオーツ、H27.4×W23.5mm、カーフレザーストラップ 6万4000円/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

なんと最初に登場したのは1940年というから、そのロングセラーっぷりは驚きだ。端正なトノー型を踏襲しつつ、随所に現代的なアップデートを加えて女性の腕に自然にフィットするデザインに。

「クラシックだけど決して古臭くは見えず、現代にもマッチしているデザイン。腕時計はその人自身を表現する、重要なアイテムだと思っています。

だから、このボルトンのように、いつまでも色褪せない女性であってほしいという気持ちがこのチョイスに現れたのかも知れませんね(笑)。贈るならこの時計だと思います」。

自分でもブランドの背景をよく知るハミルトンのレディスウォッチなら、決して場当たり的なプレゼントには見えない。

「ハミルトンって知ってる? 80年経っても色褪せないこの時計みたいに俺たちも……」。そんな気持ちを時計に託して贈れば、クリスマスは暖かい気持ちで迎えられそうだ。

ボルトンの詳細はこちら

 

自分やパートナーへの一年の“労い”として、3人に選んでもらったハミルトンの時計。

定番からワンポイント、そして女性へのプレゼントまで、三者三様の答えを導き出すハミルトンなら、きっとあなたの最適解も見つけられるはずだ。

ハミルトンのギフトセレクションはこちら

[問い合わせ]
ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン
03-6254-7371
www.hamiltonwatch.com

鈴木泰之=写真 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 川瀬拓郎=取材・文

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

# ギフト# ハミルトン
更に読み込む