2020.04.25
WATCH
PR

休日でも気持ちをオフにしない男の腕には「セイコー アストロン」が相応しい

時計選びで重要なのは、自身のライフスタイルに寄り添うものであるかということ。

オーシャンズ世代の並木将仁さんにとって、まさに休日の相棒と呼べるのは、「セイコー アストロン」の最新作だ。その先進性が彼をより輝かせる。

 

「突き進む男」を支える腕時計、休日編

オーシャンズ世代の並木将仁さんにとって、まさに休日の相棒と呼べるのは、「セイコー アストロン」の最新作だ。
腕時計43万円/セイコー アストロン(セイコーウオッチ 0120-061-012)、シャツ1万6000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、Tシャツ9500円/シュタイン(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、デニム1万9800円/オアスロウ(ビームス 原宿 03-3470-3947)、バッグ6000円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

「セイコー アストロン」レボリューションラインの詳細はこちら

ブランディング専門コンサルティング企業「インターブランドジャパン」のCEOとして多忙な毎日を送る並木将仁さんは、休日もとにかくアクティブ。学生時代に始めたアルゼンチンタンゴはアジアチャンピオンに輝くほどの実力者で、現在は世界最高峰の障害物レースと称されるスパルタンレースや西海岸発祥のクロスフィットトレーニングにハマっている。

「休日はいつもカラダを動かしています。仕事の場とは違った人と出会えますし、ビジネスとは違った自己表現ができる。やるならとことんやる主義ですし、スキルアップしないと面白くないから本気で取り組みたい。何でも熱中してしまうんです」。

オフのファッションも気取らず、好きなものと長く付き合う主義。そんなこともあり、ワードローブは時代に左右されないベーシックなものがほとんど。では腕時計は?

NEXT PAGE /

GPSソーラーウォッチ「セイコー アストロン」のレボリューションライン

「ジムに行くことが多いので、そんなときにガツンとテンションを上げてくれる腕時計がベスト。常に情報収集はしているんですが、コイツ以上の1本には出会えていませんね」。

その腕時計がGPSソーラーウォッチ「セイコー アストロン」のレボリューションライン。

「レボリューションライン」/セイコー アストロン
「レボリューションライン」SBXC057(左)、SBXC059(右)。チタンケース、47.2mm径、GPSソーラー。各43万円/セイコー アストロン(セイコーウオッチ 0120-061-012)

世界初のGPSソーラーウォッチとして、2012年にデビュー。その最新モデルは、1969年に誕生した世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」のデザインコードを継承する。チタン製のケースやブレスレットに光沢が美しいホワイトやブラックのセラミックスを組み合わせて、個性的なルックスに仕上げる。 

「セイコー アストロン」レボリューションラインの詳細はこちら

セイコーのなかでも先進性を追求しているブランドであり、このモデルは外装にチタンとセラミックスを採用したスポーティ仕様。アクティブ派には最適だ。

NEXT PAGE /

「海外へ行ってもボタンひとつで時差修正をしてくれるGPS機能はやはり便利。精度を突き詰めている点に感銘を受けました。ケースはボリューム感があるけれど形がシャープですし、チタンだから軽くて着用感もいい。ホワイトセラミックスを使うことで、華やかさもある。僕にとってこの時計は機能も見た目も、休日の気分を上げてくれる要素が詰まってるんです」。

腕元では、ホワイトセラミックスの華やかで潔い白がアクセントになった「セイコー アストロン」が主張する。
黒のニットジャケットに白T、そしてリジッドデニム。そんなベーシックな着こなしで、土曜の朝から颯爽とジムへ出かける並木さん。腕元では、ホワイトセラミックスの華やかで潔い白がアクセントになった「セイコー アストロン」が主張する。

休日であっても気持ちはオフにせず、己を進化させるためにとことん突き進む。そんな並木さんには、正確に時を刻む「セイコー アストロン」こそが相応しいのだ。

「フォーブス ジャパン」連動企画 並木さんの平日編はフォーブス ジャパン 6月号で掲載

「フォーブス ジャパン」連動企画
並木さんの平日編はフォーブス ジャパン 6月号で掲載
本企画は、ビジネスライフスタイル誌「フォーブス ジャパン」と連動したスペシャルコンテンツ。企業家として多忙な日々を送る並木さんの自己プロデュース方法や“働く時計”選びの目線を語った「突き進む男を支える腕時計、平日編」は、誌面&WEBで!

並木将仁(なみき まさひと)●1975年、東京生まれ。インターブランドジャパン代表取締役社長兼CEO。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て現職。著書(共著)に「ブランディング 7つの原則」(日本経済新聞出版社刊)などがある。平日はクラシカルなスーツ、休日はベーシックかつキレイめなファッションに身を包む。本企画では並木さんのオフの過ごし方、そして愛用の腕時計について伺った。

「セイコーウオッチ」公式サイトはこちら

 

[問い合わせ]
セイコーウオッチ
お客様相談室
0120-061-012

 

川田有二=写真 松平浩市=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 篠田哲生=文

# セイコー# アストロン# 腕時計
更に読み込む