2020.09.18
WATCH

サーフィン、ダイビング、ヨット。海遊びがはかどる3本のオススメ時計

「趣味時計」とは……

今や時計は時間を知らせるためだけではなく、さまざまなシーンをサポートする多彩な機能を備えている。

特にマリンスポーツやレジャーにおいては、それぞれ特化した専用ツールとなり、腕に着けることで楽しさを倍増してくれるのだ。

今回紹介するのは海遊びに最適な時計。この3本のユニークな機能から、時計の新たな魅力や可能性に気付くはずだ。

 

for ダイバー
ファーブル・ルーバ/レイダー・バシィ120メモデプス

SSケース、手巻き、48mm径、200m防水。92万円/ファーブル・ルーバ(スイスプライムブランズ 03-4360-8669)

潜水中のダイバーが常に怠らないチェックポイントのひとつが水深だ。

ファーブル・ルーバの「バシィ」は、これを計る水深計(デプスゲージ)の機能を1968年に世界で初めて腕時計に搭載した。仕組みは、ケースバックの開口部からチャンバー内に水を取り込み、その水圧で合金幕が押し出され、これを機械式センサーが検知し水深表示へと変換する。

この革新的な機構を現代の技術でさらに磨きをかけた。

120mまで計ることのできる水深計を文字盤の外周に刻み、中央の青い針で表示する。深度の目盛りはスポーツダイバーの活動域である30mまでを明るいブルーで色分けし、とくに減圧停止時に重視される10mと5mを赤く表示するなど実用性を追求している。

また文字盤の3時位置には、潜水中の最大深度を記録するメモデプス機能を新たに追加し、4時位置のプッシュボタンでリセットする。浮上後のログブック記入もダイビングコンピュータに頼らずに済むのだ。

NEXT PAGE /

for ヨットマン
ユリス・ナルダン/マリーン レガッタ

SSケース、自動巻き、44mm径、100m防水。184万円/ユリス・ナルダン(ソーウインド ジャパン 03-5211-1791)

いよいよ来年、第36回アメリカズカップがニュージーランドで開催される。アメリカズカップは1851年に始まり、世界最古のスポーツトロフィーのひとつとして知られる。

競技は定められた時間通りにスタート地点をいかに走り抜けるかが勝敗を分け、時計でもこうした独特なレガッタスタート専用の計測機能を備えるものが少なくない。

なかでも「マリーン レガッタ」はユニークなカウントダウン機能を搭載する。黄色い三角の分針をセンターサークルの1〜10分の任意の位置に設定し、カウントダウンをスタートすると針が逆進。0地点に到達すると、同じく逆進していたクロノグラフ秒針のみが自動的に通常回転に戻り、積算を始める。

さらに6時位置にはクロノグラフ用の時分の積算針を同軸に備え、高い視認性と機能を両立する。ヨット以外にも普段使いでも新しい魅力が発見できそうだ。

NEXT PAGE /

for サーファー
カシオ/Gショック G-LIDE GBX-100-1JF

樹脂/SSケース、クオーツ、50.9×46mm径、20気圧防水。2万2000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

圧倒的なタフネスを誇るGショックがハードなエクストリームスポーツと相性が良いことは言うまでもない。

サーフィンやスケートボード、スノーボードをコンセプトにした「エクストリーム」を前身に、さらに磨きをかけた世界統一ラインが「G-LIDE」だ。薄くコンパクトに仕上げたケースは、パドリング時などでも腕の動きを妨げず、よりフィット感を高めた。

新たにモバイルリンク機能を装備し、スマートフォンとの連携で、専用アプリに登録された世界の主要サーフポイント3300カ所の潮汐データや日の出/日の入時間がアップロードできる。

精悍な横型8角形フォルムの4隅と底部に操作ボタンを配置し、優れた操作性とともに、グラフィカルに表示されるデータはひと目で情報を把握できる。

またトレーニング計測機能を搭載し、ランニングの計測や記録もサポートする。サーフィンの実用性はもちろん、日常でもスタイリッシュに着けこなせるだろう。

「趣味時計」とは……
時計が趣味だというのは当たり前。もはや時計は趣味の頼れるサポーターでもある。海で山で街で、はたまた家で。時計と一緒に、趣味の時間をもっと遊んドケイ!上に戻る

柴田 充=文

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール

# サーフウォッチ# ダイバーズウォッチ# マリンウォッチ# 腕時計
更に読み込む