2019.11.28
WATCH
PR

時を経て確信。“カッコイイ”の原点「カルバン・クライン」の腕時計に戻れ

ブラック、ホワイト、グレーで切り取られたモノクロームの世界観。NYモードが“カッコイイ”と知った「原点」は、言わずもがなのこのブランドだ。折しも’90年代がリバイバルする昨今、漆黒を纏ったシンプルウォッチに、再び心が躍る。

シンプル・イズ・ザ・ベスト
そのカッコ良さを改めて実感する

腕時計「シティ」/カルバン・クライン ウォッチ
腕時計「シティ」SS(ブラックPVD加工)ケース、43mm径、自動巻き。腕時計2万9000円/カルバン・クライン ウォッチ(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7380)、デニムジャケット参考商品、Tシャツ8500円、デニムパンツ2万3800円/すべてカルバン・クライン ジーンズ(カルバン・クライン 0120-657-889)

大胆なブランドロゴや、マリオ・ソレンティやアーヴィング・ペンがファインダーに収めたモノクロ写真。僕らを熱狂させた1990年代は、まさにカルバン・クラインが牽引していた。刷り込みのようなこの原体験は、染み付いて消えることはない。

そんなファッション好きでなくとも、このブランドは“シンプル・イズ・ザ・ベスト”という概念を知るきかっけになったはずだ。漆黒を纏った腕時計を手にした今、そんな記憶が蘇る。色落ちによってこなれたブラックデニムの上下に往時を彷彿させるロゴTシャツ、そこにアクセントとして腕時計を利かせて。こんな装いを改めて格好イイと実感するのだ。

NEXT PAGE /

表情豊かなブラックに見て取れるカルバン・クライン ウォッチの現在地

表情豊かなブラックに見て取れるカルバン・クライン ウォッチの現在地
「シティ」SS(ブラックPVD加工)ケース、43mm径、自動巻き。[左]2万9000円、[右]2万7000円、/ともにカルバン・クライン ウォッチ(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7380)
黒であっても多彩な表情を持つ。それは、カルバン・クラインが教えてくれたことだ。異なる素材が、さまざまに光を反射する、その様態が彩りを与えるのだ。シンプルウォッチ「シティ」の新作にも、そうした“イズム”が継承されている。

ダイヤルには同心円状に筋目が出るヘアライン仕上げを施し、光沢のあるブラックケース&3本の針とコントラストを形成。

先に紹介した左のモデルは、ポリッシュとサテンで仕上げ分けられたコマが美しいブレスレットを、右のモデルは、マットなレザーのストラップを装備。多彩なブラックに囲まれた、ダイヤル上のバーインデックスは、視認性を高めつつも、凛とした佇まいを実現する。腕元で異彩を放つ黒、ここにあり。

注目の最新コレクションを探しに

本企画で紹介した「シティ」を筆頭に、カルバン・クライン ウォッチの豊富なコレクションが最も取り揃えられているのが西武池袋店。“シンプル・イズ・ザ・ベスト”を信条とする大人たちが求める1本が絶対に見つかるはずなので、ぜひ足を運んでみてほしい。

カルバン・クライン ウォッチ & ジュエリー西武池袋本店2階
03-6384-4439
東京都豊島区南池袋1-28-1  2階

「シティ」の詳細はこちら

 

【問い合わせ】
スウォッチ グループ ジャパン(カルバン・クライン ウォッチ)
03-6254-7380

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

太田泰輔=写真 星 光彦=スタイリング 竹井 温(&’s management)=ヘアメイク 髙村将司=文

# カルバン・クライン# 腕時計
更に読み込む