「服を着回す」って超エンタテインメント! 部長びんびん“着回し”物語 Vol.46
2019.05.24
WATCH

服を着替えるように時を楽しむ、トム フォード流儀の腕時計

間違いなく後世も21世紀を代表するデザイナーと語り継がれる存在となるだろうトム・フォード。昨年、ようやくといっていいウォッチコレクションを発表したのも、まだ記憶に新しいところだ。

ありていに言えば「モードとクラシックを“トム流”にミックスさせたレクタンギュラーケース」だが、その独自性は大いに快哉を叫ばれた。

昨年、ようやくといっていいウォッチコレクションを発表したトム・フォード。
[左]SSケース、40mm径、自動巻き 40万円、[右]K18YGケース、縦40×横30mm、クオーツ 125万円、ストラップ2万8000〜7万5000円/すべてトム フォード タイムピース(トム フォード ジャパン 03-5466-1123)

「N.001」(写真右)という名から第2弾が待たれていたところ、1年越しにラウンド型「N.002」(写真左)を発表。時針に備えたブレゲ針風の円から「時表示」が覗く視認性&デザイン性のセンスはさすが。

前作同様、ストラップの付け替えも楽チン構造で、カーフ、アリゲーター、グログラン、編み込み……と、その種類も豊富。「服を着替えるように楽しんで」という思いがよりいっそう強まった腕時計は、TPOの幅が増える40代にこそ打ってつけといえるだろう。

 

髙村将司=文

# トム フォード# クラシック# モード# 腕時計
更に読み込む