「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.73
2019.05.05
WATCH

タグ・ホイヤーが起こした革命。ヒゲゼンマイもカーボン製の時代が到来

去る1月にスイス・ジュネーブで開催された「SIHH2019」「WPHH」を中心とする腕時計の祭典。本誌取材班は今年も海を越えてかの地へ。そこで見た感動と世界の目利きたちが唸った傑作を厳選してお届けする。

かつてのモータースポーツのイメージから、ハイテクスポーツウォッチへと進化を遂げるタグ・ホイヤー。新作では、ついにカーボンコンポジット製のヒゲゼンマイを自社開発し、実用化した。

 

ヒゲゼンマイもついにカーボン製の時代に

「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」/タグ・ホイヤ
「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」5月発売予定。チタン(ブラックPVD加工)ケース、45mm径、自動巻き。274万5000円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054

ムーブメントの重要パーツ、ヒゲゼンマイの内製化は多くのウォッチブランドにとって大きな課題だった。これに対し、軽量かつ、重力や衝撃の影響を受けにくいカーボンコンポジットで、それを製作したのがタグ・ホイヤー。

しかもトゥールビヨンに搭載し、クロノメーターを取得することで精度や安定性も実証済み。文字盤にはカーボンコンポジットを構成するヘキサゴンパターンを刻み、ハイテクへの矜持を込めている。

 

柴田 充、水藤大輔=文

# タグ・ホイヤー# SIHH2019# WPHH# 腕時計
更に読み込む