「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.58
2019.04.21
WATCH

年間60本しか作らない孤高の時計ブランド、ローマン・ゴティエの新作の見どころ

去る1月にスイス・ジュネーブで開催された「SIHH2019」「WPHH」を中心とする腕時計の祭典。本誌取材班は今年も海を越えてかの地へ。そこで見た感動と世界の目利きたちが唸った傑作を厳選してお届けする。

年間60本しか時計を作らないというエンジニア出身の時計師が立ち上げたシグネチャーブランド、ローマン・ゴティエ。その情熱は今年、文字盤に傾けられた。

展示会で出合ったのは、日本では滅多に見られないモノばかり。

宇宙の壮大さに思いを馳せる幻想的なマテリアル

「プレスティージHMS ステンレススチール」/ローマン・ゴティエ
「プレスティージHMS ステンレススチール」世界限定10本。SSケース、43mm径、手巻き。1000万円/スイスプライムブランズ 03-4360-8669

希少性の高いオーストラリア産のヘンブリー隕石(メテオライト)を文字盤に使った、スモールセコンド付き3針ウォッチ。宇宙が作り出した鉄とニッケルの合金という性質に合わせ、ケースにはブランドで初めてSSが使われた。

リュウズが格納されたシースルーバックからは、ブラック仕上げの重厚ムーブメントが確認できる。磨き抜かれた直線のない設計は、ブランドの真骨頂だ。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

柴田 充、水藤大輔=文

# SIHH2019# WPHH# ローマン・ゴティエ# 腕時計
更に読み込む