2019.03.24
WATCH

読めないヤツが魅力的、というのは男も腕時計も同じである

今回取り上げるのはミステリアスな男のための時計。一般的な時計とはひと味違うデザインやユニークな表示形式を備え、内に秘めた個性を滲ませる。そんな時計を着けた男は、衆目を集める派手さはなくとも気になる存在だ。

一見取っつきにくく、真意も測りかねるが、どこか謎めき興味をそそる。だが時計を通してその内面に触れれば、常識にとらわれない価値観や新たな感性に驚かされるだろう。ミステリアスな時計はそんな男の名刺代わりになり、腕元の存在感は際立つ。


H.MOSER & CIE.
H.モーザー/エンデバー・センターセコンド
オートマティック コンセプト “ブルーホライズン”

H.MOSER & CIE. H.モーザー/エンデバー・センターセコンド オートマティック コンセプト “ブルーホライズン”
日本限定20本。K18WGケース、40mm径、自動巻き。295万円/イースト・ジャパン 03-6274-6120、スーツ19万円/ギーブス&ホークス(ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255)、ニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)

美しさと圧倒的な存在感を湛える日本限定ブルー
ブランドの歴史は古く、創業は1828年まで遡る。一度は途絶えてしまうが、伝統的な時計作りをベースに、独創的な調速機構・ヒゲゼンマイを内製するマニュファクチュールとして2005年に再興。さらに’13年から現在の経営体制下となり、コンテンポラリーなスイス時計ブランドとして新たな舵を切った。

美しいフュメ(グラデーション)ダイヤルは、ブランドアイコンのひとつであり、日本限定モデルでは新色のブルーを採用。海と空、そしてその境にある水平線をイメージしたという幻想的な色合いが特徴だ。すべてを削ぎ落とした文字盤の仕様は、ブランドによる差別化ではなく、作り手にスポットを当て、その本来の美しさを誇示する。


SINN
ジン/1800.ダマスカス

SINN ジン/1800.ダマスカス
世界限定100本。積層鋼ケース、43mm径、自動巻き。140万円/ホッタ 03-6226-4715

ダマスカス模様が彩る一体成型ケース
異なる数種類のスチールを溶接し、それを真っ赤になるまで熱し、叩いて、折り畳むという作業を繰り返して作られる積層鋼材、ダマスカス鋼。何世紀にもわたるこの伝統技法による鋼を、モノブロック構造のケースとダイヤルに採用したのがこちら。木目のような特有のダマスカス模様が時計全体を覆う独特の顔つきが何ともミステリアス。ひとつひとつが世界にふたつとない模様を纏ったユニークピースだ。黒のレザーストラップも付属。


MAURICE LACROIX
モーリス・ラクロア/マスターピース ミステリアス セコンド

MAURICE LACROIX モーリス・ラクロア/マスターピース ミステリアス セコンド
世界限定250本。SSケース、43mm径、自動巻き。150万円/DKSHジャパン 03-5441-4515

不思議な針の動きに思わず視線も釘付けに
時間は円で表現しなければいけないのか。この根源的な問題にチャレンジした野心作であり、6時位置の大きなインダイヤルでは、両端をブラックとブルーで色分けされた針が自転しながら、目盛りが記された十字のスケールを差し、秒を示す。

円の中を自由に動き回る針の動きは、ミステリアスであり、それを見ているだけでも飽きない。また文字盤と2時位置にオフセットされた時分針のダイヤルはスケルトン化され、緻密なムーブメントを鑑賞することも可能。さらにこれはブランドの12作目の完全自社製だ。


JAQUET DROZ
ジャケ・ドロー/グラン・セコンド オフセンター メテオライト

JAQUET DROZ ジャケ・ドロー/グラン・セコンド オフセンター メテオライト
世界限定88本。K18レッドゴールドケース、43mm径、自動巻き。282万円/ジャケ・ドロー ブティック銀座 03-6254-7288

40億年以上の時が刻まれた稀少な隕石ダイヤル
文字盤に採用したメテオライト(鉄隕石)は、火星と木星間の軌道に位置する小惑星帯(メインベルト)を漂い、長い宇宙の旅を経て、80万年前に天体衝突によって地球に落下した。1906年に初めて発見された川の名からムオニオナルスタの呼称が付けられた。

この“グラン・セコンド”は、18世紀にピエール-ジャケ・ドローが手掛けたポケットウォッチをモチーフに、重なり合うふたつの円は数字の8を示し、ブランドのアイコンにもなっている。無限の時を思わせるメテオライトとも美しいコントラストを演出する。


OMEGA
オメガ/スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号

OMEGA オメガ/スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号
セラミックスケース、44.25mm径、手巻き。104万円/オメガ 03-5952-4400

決して見ることのできない月への想いを込めて
地球からは確認できない月の裏側“ダーク サイド オブ ザ ムーン”と名付けられた、ブラックセラミックスケースの人気シリーズに、ムーンウォッチの伝統を受け継ぐ手巻き式ムーブメントを搭載。ムーブメントのブリッジやメインプレートには、レーザー加工でリアルな月面を表現する。

しかも前面が地球から見た月であるのに対し、裏面で月の裏側を描くという凝りよう。挿し色のイエローがファッション性を高め、ケースバックには“We’ll see you on the other side(あちら側でまた会おう)”というアポロ8号の司令船操縦士ジム・ラヴェルの言葉が刻まれるというスペシャル仕様だ。


HUBLOT
ウブロ/ビッグ・バン ウニコ サンブルー チタニウム ブルー

HUBLOT ウブロ/ビッグ・バン ウニコ サンブルー チタニウム ブルー
世界限定200本。チタンケース、45mm幅、自動巻き。200万円/ウブロ 03-5635-7055

ストリート感溢れるラグジュアリーコラボ
ロンドンのクリエイティブ集団、サンブルーとのコラボレーション。ダブルネームやカラーリングの変更といった微調整にとどまる一般的なコラボモデルとは一線を画しており、ケースへのエングレービングやベゼルの6角カッタウェイ、ニューデザインのダイヤルなど、独創的で大胆なスタイルを纏っているのが特徴。

時間表示は針ではなく、3枚のディスクを用い、大小の三角マーカーで時分、中央の回転ディスクで動作状況を示す。ユニークな文字盤の幾何学的図形は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたウィトルウィウス的人体図からインスピレーションを得た。


※本文中における素材の略称:K18=18金、WG=ホワイトゴールド、SS=ステンレススチール

星 武志(エストレジャス)=写真 石川英治(Table Rock. Studio)=スタイリング 柴田 充=文

# ウブロ# オメガ# ミステリアス# 個性派# 腕時計
更に読み込む