2019.02.24
WATCH

機能減で魅力増のIWC vs ヴィンテージマニアが唸るダン・ヘンリー

進化するばかりが能ではない。あえて機能を減らしたIWCと、ヴィンテージウォッチに拘ったダン・ヘンリー。両者の魅力をとくとご覧あれ。


機能を減らしても魅力増! “魔法仕掛け”な最新作

タイムゾーナー/IWC
SSケース、46mm径、自動巻き。143万円[予価]/IWC 0120-05-1868

人気のパイロットウォッチシリーズに属するワールドタイマーが「タイムゾーナー」だ。地球上の24タイムゾーン=都市名が刻まれたベゼルを押し回すだけで、第2時刻を設定できるというIWCの持つ世界初の技術。一見魔法のような仕組みは専門家の評価も高く、幅広のベゼルが格好いい。

写真は、今年の新作展示会SIHHで発表されたばかりのホットな1本。クロノグラフを擁していた従来機からそれを取り去り、純然たる3針ワールドタイマーに仕上げた。1要素なくなった?と落ち込むなかれ。すっきり広くなったダイヤルは、第2時刻を示す24時間計がディスク式となり、かつてのUTCモデルを彷彿。ベージュ夜光によるヴィンテージ感まで備わり、魅力はキープどころかそれ以上と言える。この見事な手腕、やっぱり魔法のようである。


時計マニアのこだわりって、スゴイもんだ

ヴィンテージウォッチ蒐集家の創業者が、自らのコレクションを原典とし、ファンを唸らせる作り込みの時計をお手頃価格で実現した「ダン・ヘンリー」
SSケース、38mm径、クオーツ。3万3000円/コンティニュエ エクストラ・スペース 03-3792-8979

ヴィンテージウォッチは気になるが、高価だったり、ジャンク品だったり、入手しても扱いが難しかったり……と一筋縄にいかない。が、その魅力を広めんと一肌脱いだのが、ダン・ヘンリーだ。ヴィンテージ蒐集家の創業者が、自らのコレクションを原典とし、ファンを唸らせる作り込みの時計をお手頃価格で実現。

例えば、早くも初回入荷分が完売した新作クロノグラフ「1964」は、往時を思わせる人気のパンダデザイン。クオーツにしてクロノ針のリセット時に素早く12時位置に帰零するというマニアックな部分も再現(わかるかな?)する。ほか、ライスブレスと呼ばれる米粒状の美しいブレスレットや、傷に強いK1クリスタルガラスの風防などは、現代の技術で高品質に。春先には再入荷の予定。お見逃しなく!


加瀬友重、髙村将司、実川 実、今野 壘、iconic=文

# IWC# ヴィンテージウォッチ# 腕時計
更に読み込む