2019.02.15
WATCH

独創的な腕時計ブランド・カンパノラ。新作登場記念でトークショー開催!

独創的な腕時計ブランド「カンパノラ」。

個性的すぎる腕時計「カンパノラ」とは?

20世紀と21世紀をつなぐ年、2000年に誕生した時計ブランド「カンパノラ」。
その第一作目として世に出たのが、100年後にも正しく時を刻めるパーペチュアルカレンダーを採用した一本だった。

その後、ミニッツリピーター、ムーンフェイズ、クロノグラフと、複雑機構を搭載したラインナップをが次々とリリース。複雑時計ならでは時計の愉しみを提供してきたとてもユニークな存在だ。

ブランド曰く「時は天空の動きそのものだから、永遠の時を閉じ込める時計というものは、果てしなく広がる宇宙を手の中に収める存在でもある、」という。どこかロマンも漂う世界観である。
そんなカンパノラの新作は、やはり個性的だった。

トノー型パーペチュアルカレンダー・モデルが登場!

カンパノラパーペチュアルカレンダーAG6250-50A
「カンパノラパーペチュアルカレンダーAG6250-50A」、SSケース、52.8mm×41.0mm、クオーツ・パーペチュアルカレンダー、38万円/シチズン時計(シチズン 0120-78-4807)

2月15日(金)からに発売された新作は、ブランドの原点ともいえるパーペチュアルカレンダー・モデル。

ブランド誕生年の2000年を軸に、なんと前後200年分のカレンダー(年、月、日、曜日)と時、分、秒といったさまざまな時間軸を8本の針で表現している。つまり、世代を超えた“さまざまな時間”を腕元で呼び出すことができる、というわけだ。

カンパノラ・チーフデザイナーの大場晴也さん曰く、「これはタイムマシンのように、自分を過去や未来への時間旅行に連れて行ってくれる。、男心をくすぐるとてもロマンティックな時計なんです」。

カンパノラとオーシャンズの接点をキーマンが語るトークショー

この新作の発売を記念して、カンパノラ・チーフデザイナーの大場さんとオーシャンズ編集長の太田祐二がトークショーを開催。テーマは「過去から未来へ、時・旅に思いを馳せる」だ。

個性派のブランドを支える大場さんは他ブランドも認める業界の名物デザイナー。その熱いトークも評判で、産み出す時計同様“クセになる”のだとか。

カンパノラとオーシャンズの世界観が、時・旅というテーマでどう融合するのか。ぜひ楽しみにして頂きたい。

わずかに残席があるので、興味のある方は下記からご応募を!

シチズン フラッグシップストア 東京

[スペシャルトークショー概要]
開催場所:シチズン フラッグシップストア 東京
     東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1階
開催日時:2月23日(土) 14:00~15:00
申し込み:https://goo.gl/forms/Hx5r3hekqr47lqcc2

問い合わせ:シチズン フラッグシップストア 東京 03-6263-9987(10:30~20:30)

# シチズン# イベント# カンパノラ# 時計
更に読み込む