2018.12.29
WATCH

A.ランゲ&ゾーネが重んじる視認性のヒミツは“透ける黒”にあった

ドイツの実直な時計作りを継承する名門が何より重んじる視認性。「ルーメン」と銘打たれた連作は、その最たるものといえる。

「ダトグラフ・アップ/ダウン “ルーメン”」プラチナケース、41mm径、手巻き。1061万円[世界限定100本]/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

一見黒っぽい文字盤だが、特殊加工されたサファイアクリスタル製の半透明ダイヤル。これは、蓄光顔料でコーティングされたアウトサイズデイト表示をムラなく輝かせるための仕掛け。

可視光線を極力排除して紫外線を通過させる特殊加工により、通常ダイヤルでは光を浴びることができない翌日以降の数字も蓄光するのだ。

結果、均整が取れていると定評のある名作クロノグラフに新たな付加価値を与えてみせた。これぞドイツプロダクトの機能美だ。

# A.ランゲ&ゾーネ# A.ランゲ&ゾーネ# 腕時計
更に読み込む