https://oceans.tokyo.jp/watch/2018-0812-5/

まるで“長針と短針”のようなふたりへ捧げる。“絆”を紡ぐペアウォッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート!

今回はフェアで買える、注目のペアウォッチをご紹介。

絆とは、本来目に見えないものである。互いの思い思われる心持ちのありようだからだ。それでも、何か形にしたくなるのが僕ら人間。

形而下の俗な精神かもしれないが、贈り贈られることで感じる絆は、案外心地の良いものだ。そこで、ペアウォッチ。同じ形状のモデルをお揃いで所有する。ひとつの共感をカタチにしてみると、いっそう絆が深まったように感じられる気がする。

RALPH LAUREN
ラルフ ローレン/
男性用●スティラップ コレクション ラージモデル スティール
女性用●スティラップ コレクション プティ モデル スティール リンク
御大の世界観が創るタイムレスな風格を

男性用●SSケース、縦38.5×横36.6mm 、自動巻き。86万5000円、女性用●SSケース、縦27×横23.3mm 、クオーツ。27万5000万円/ともにラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800

上方で弧を描き角形の底部を持つ、現代的なルックスの独特な形状。それでもクラシカルさが滲むのは、「スティラップ」の名が示すように、馬具の鎧(あぶみ)がそのデザインモチーフゆえ。

デザインのみならず、ラルフ御大が愛する乗馬にその由来を持つ背景にも心惹かれるものがある。メンズではレザーストラップとのつなぎ方、レディスではチェーンブレス、存分に個性を発揮。腕時計に力を注ぎ始めて10年程度でこの風格。タイムレスな魅力を放つ2本。


BAUME & MERCIER
ボーム&メルシエ/
男性用●クリフトン
ボーマティック
女性用●クリフトン
歴史に基づき進化する「新顔」をペアで堪能

男性用●SSケース、40mm径、自動巻き。35万1000円、女性用●SSケース、30mm径、クオーツ。30万2400円/ともにボーム&メルシエ 03-4461-8030

19世紀前半より続く老舗ブランドゆえに、自社のミュージアムに所蔵するアーカイブも数多い。ピラーコレクションのひとつクリフトンも、1950年代に実在したミュージアムピースをベースにモダンにリファインされたもの。

精悍な佇まいのメンズは最新技術を投入し、耐久性、耐磁性、ロングパワーリザーブを実現した初の自社開発製ムーブメント「ボーマティック」を搭載。レディスはMOPダイヤル&ダイヤモンドインデックスで煌びやかなエレガンスを追求している。


TASAKI
タサキ/
男性用●バランス
女性用●バランス
老舗ハイジュエラーの威信を腕元に

男性用●SSケース、39.5mm径、自動巻き。90万円、女性用●SSケース、33mm径、自動巻き。117万円/ともにタサキ 0120-111-446

パートナーの方に聞いてみるといいが、お洒落が好きな女性ならばタサキの名作ジュエリー「バランス」を知る人は少なくない。

パールを得意とする日本のハイジュエラーが、グローバルに羽ばたくなかで生まれた傑作だが、そのデザインモチーフを腕時計に落とし込んだのがこのシリーズだ。

円と直線的なラグとリズミカルなインデックスデザインが見事に均整が取れ、ミニマルな中に幾何学的な個性を生んでいる。メンズはラッカー仕上げの黒文字盤で艶やかに。レディスはブランドが誇るダイヤセッティングで華やかに。


LONGINES
ロンジン/
男性用●ロンジン 1832 40mm
女性用●ロンジン 1832 30mm
創業年を冠するスーパーベーシックなデザイン

男性用●SSケース、40mm径、自動巻き。21万5000円、女性用●SSケース、30mm径、自動巻き。21万5000円/ともにロンジン 03-6254-7351

オパーリンベージュの文字盤や12時のみ2重としたアプライドインデックスにドフィーヌ針。クラシカルなエッセンスを求めながらもどこか都会的。

この超が付くほどベーシックなコレクションが、「エレガンス、伝統、パフォーマンス」を社是とするロンジンの創業年を冠しているのも頷ける。

サイズは異なるものの男女ともロンジンのエクスクルーシブキャリバーを搭載。見た目上は大きさのみの違いとなり、完全なリンケージを求めるペアに推奨する。今年の最新作が各限定5本、日本橋三越本店にて先行販売される。


[イベント詳細]
第21回 三越ワールドウオッチフェア
期間:8月15日(水)〜8月27日(月)
場所:日本橋三越本店 本館7階催物会場

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール

このエントリーをはてなブックマークに追加
スカルを笑わせたベル&ロスと時を戻したロンジンのクリエイティブ魂
2018.10.13
見なきゃ! 着なきゃ! 凄すぎたラルフの50周年コレクション
2018.09.29 / NEWS
常識の“向こう側”へ。クラフトマンシップの伝え手が語るラドー愛
2018.09.23 / イノベイターたちの選択
まだまだ軽装の今だからこそ、アートの力に頼ろうじゃないか!
2018.08.31
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24
ゴキゲンな色とモノ選びで装うことを楽しむ!
2018.09.22
ナチュラルな色みでモスト・ユルユル・ジャケットスタイル
2018.09.20
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12