僕らの好きな街で着るアウトドア Vol.60
2017.12.21
WATCH

「愛だろっ、アイ!」。夢ある2つの腕時計に込められたメッセージ

作り手の想いが深いほどにアイテムは魅力的に見える。そんな経験、これまでにたくさんしてきたでしょ。で、それをより実感するのがこちらの腕時計。

 

「オメガ」の腕時計

「スピードマスター 38㎜ オービス」SSケース、38㎜径、自動巻き。52万円/オメガ 03-5952-4400

ちょっと風変わりな見た目だが、ご存知スピードマスターである。失明防止のための社会活動団体「オービス・インターナショナル」を支援するチャリティモデル。その特徴は楕円形のサブダイヤル&日付窓、そしてクロノ針のウエイトとケースバックに象られたテディベアだ。これは幼い患者の気持ちを和らげるべく、オメガが提供しているぬいぐるみに由来している。

また、オメガの新アンバサダーのプレスリー・ガーバーは、同団体と密接な関係のシンディ・クロフォードの息子という点も縁が深い。限定ではなく長く販売するというオメガの気概も含め、“アイ”情が込められた1本だ。

 

 

「リシャール・ミル」の腕時計

「RM 70-01」カーボンTPTケース、縦54.88×横49.48㎜、手巻き、世界30本限定。9400万円[予価]/リシャールミルジャパン 03-5807-8162

腕時計と自転車。両業界の異端児が作った腕時計が話題だ。その異端児とは、リシャール・ミルとアランプロスト。片や独創的なウォッチメイキング、片やフォーミュラーEに積極的に参画と、イノベーティブなマインドが共通する納得のコラボである。

仕上がった時計は、プロストが熱を上げ、愛情を注ぐ自転車用で、手動入力による積算総合距離計を装備する。これだけでも唯一無二のメカニズムなのだが、お家芸のトゥールビヨンを非対称の多層構造のカーボンTPTケースに搭載する、実に「らしい」仕上がり。アナログ時計にはまだまだ極めるところがある。その価格と同じく大きな夢を感じさせてくれる腕時計だ。

 

 

患者への愛、自転車への愛。注ぐ対象は異なるけれど、想いの強さや温かさは一緒。これだけ愛に包まれたアイテムなら、身に着けるほうも自然と幸せに思えてくるんじゃないだろうか。

 

鈴木泰之=写真 鈴木淳子=スタイリング

# オメガ# リシャール・ミル# 腕時計
更に読み込む