https://oceans.tokyo.jp/watch/2017-1218-2/

英知とロマンの結晶! 一度は見て欲しい“見るからにスゴイ”腕時計

このエントリーをはてなブックマークに追加

機能で比べればスマートウォッチに分がある。だがそれをゼンマイと歯車で実現してしまうことこそ機械式時計の深遠であり、その見た目にも圧倒されるのだ。

そんな見るからに“スゴイ”腕時計を6本セレクト。


新工房の技術を語るジュネーブシール取得
LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン/タンブール ムーンフライング トゥールビヨン ジュネーブシール

Ptケース、42.5㎜径、手巻き。2730万円[参考価格/受注生産]/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

ジュネーブに建造した工房、ラ・ファブリク・デュ・タンが本格始動し、その技術の象徴としてジュネーブシールを取得。極限を思わせるオープンワークが施されたフェイスに、重層的な輪列とフライングトゥールビヨンが浮かび上がる。ブリッジやケースへのイニシャル刻印のパーソナライゼーションにも所有欲がくすぐられる。


表裏に23の複雑機構を備えた究極の天体時計
VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600

K18WGケース、45㎜径、手巻き。価格要問い合わせ/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

創業260周年を機に創作された57の複雑機構を搭載した世界で最も複雑な懐中時計、リファレンス57260の流れを汲む。表裏に23の複雑機構を組み込む天文時計で、5年をかけてひとりの時計師が製作。常用時、太陽時、恒星時という3種類の時間を表示し、3週間連続作動。これを13.6㎜の厚さに抑えた点も見事。世界限定1本。


近未来を思わせる独自開発の先進合金
HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/プロジェクト Z11

ザリウムケース、42.2㎜径、自動巻き。250万円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376

独自開発の特殊合金「ザリウム」を採用したシリーズ第11作は、シンボルであるオフセンターのダイヤルのほかビッグデイトも備える。スケルトン文字盤は放射状のコート・ド・ジュネーブ仕上げや、オープンワークが施されたブリッジなど近未来のアールデコを思わせる。ストラップはデニム調カーフレザーにラバーをライニングし、カジュアルさを演出。世界限定300本。


時計の未来が覗くオープンワーク文字盤
PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ/パテック フィリップ・アドバンストリサーチ

K18WGケース、40.8㎜幅(10-4時方向)、自動巻き。参考商品/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109

2000年に始まった研究開発プロジェクト、アドバンストリサーチの第5弾。誕生20周年のアクアノートに、フレキシブル機構とシリコン系素材「シリンバー」の新形状ヒゲゼンマイ 「スピロマックス」という2大技術を搭載した。トラベルタイム機構は部品数を約1/3に抑え、薄型化や注油フリーを実現。世界限定500本。


スイスに捧げた世界で1本のアート
BLANCPAIN
ブランパン/ヴィルレ 8デイズ マニュアル ユニークピース

K18レッドゴールドケース、42㎜径、手巻き。1563万円/ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233

スイス伝統の闘牛の絵柄をゴールドに手彫りし、銅に金を数%含有した赤銅(しゃくどう)の文字盤上に固定したのち、銅塩液に浸し、緑青(ろくしょう)の風合いを得る。マッターホルンの山渓を背景にした色合いや濃淡は、浸す回数や時間によって決まり、唯一無二の美しさを生み出す。世界限定1本。


銃の手彫り装飾を施したユニーク表示
URWERK
ウルベルク/UR-2105 アマデウス

SSケース、縦53.6×横43.8㎜、自動巻き。2600万円[予価]/イースト・ジャパン 03-3833-9602

それぞれの先に数字を記した自転キューブを設けた三叉の針が回転し、それを覆うように配した分針が扇状の分の目盛りをレトログラード運針する。ケースは18世紀のバロック様式のクロックから着想を得て、銃のエングレービング職人が先進装飾を施した。世界限定1本。


たとえ実用性とはかけ離れていても憧憬の的となる腕時計。そこに注がれた英知に、男はロマンを感じてしまうのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ズキュン!と男の本能を刺激する5つの色仕掛け
2018.07.05
エルメス、タグ・ホイヤーetc……意外な変貌にドキッ!とする名作時計の現在進行形
2018.07.03
ツウも唸る進化を遂げたタグ・ホイヤーとロレックスの2トップ
2018.06.30
社会性のある“正確な男”に似合うのは、精度の高い機械式時計
2018.06.16
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21