https://oceans.tokyo.jp/watch/2017-1217-3/

使うほどに愛着が湧く。“手巻き”時計の魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

実用性だけを考えるなら、機械式時計は自動巻きのほうが便利に違いない。だが、手巻き時計には主ゼンマイを巻き上げるという楽しみがある。

愛機が時を刻むのをやめないように、自らの手で命を吹き込む。その感覚が魅力なのだ。


ロングパワーリザーブが支える多彩なカレンダー表示
ORIS
オリス/アートリエ キャリバー 113

SSケース、43㎜径、手巻き。71万円/ユーロパッション 03-5295-0411

シースルーのケースバックからはオリスの自社開発ムーブメントの第4弾、キャリバー113が覗く。このムーブメントはこれまで同様に約10日間のパワーリザーブを誇る。その一方で、日付と曜日表示に加え、スモールセコンドも統制。文字盤外周に2重に配された、週と月を指し示すポインターハンドも特徴だ。


ユニークなフォルムの愛すべきオールドピース
TISSOT
ティソ/ヘリテージプリンス Ⅰ メカニカル

K18YGケース、縦49×横26.8㎜、手巻き。54万2000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7361

大ぶりなレクタンギュラーケースをカーブさせた形状から、“バナナ・ウォッチ”の愛称で親しまれたオールドピースの現代版。手首にフィットするケースと個性的なアラビアインデックスが所有欲をくすぐる。


ブランドの歴史を感じる“初”のクロノグラフ
PANERAI
パネライ/マーレ ノストゥルム アッチャイオ – 42mm

SSケース、42㎜径、手巻き。107万円/オフィチーネ パネライ 0120-18-7110

パネライ初のクロノグラフ、マーレ ノストゥルム。1943年にイタリア海軍の甲板将校用として登場したプロトタイプ以降、実際に製造されることはなかったが、’93年に復刻された。こちらはそのリバイバルモデル。深いブルーの文字盤に夜光アラビア数字とバーインデックスが映える。


航海にオマージュを捧ぐ BR 01の新境地
BELL & ROSS
ベル&ロス/BR 01 インストゥルメント ドゥ マリン

ローズウッド×チタン×ブロンズケース、46㎜径、手巻き。110万円/オールブルー 03-5977-7759

航空機の計器をイメージソースとするBR 01シリーズのなかで、異色の今作。航海に時計を必要とした時代のマリンクロノメーターを文字盤に再現。ブロンズが使われたケース、ベゼル、リュウズを採用し、経年変化も楽しめる。世界限定500本。


ミネルバの矜恃を込めたヴィンテージクロノ
MONTBLANC
モンブラン/モンブラン 1858 クロノグラフタキメーター リミテッドエディション 100

ブロンズケース、44㎜径、手巻き。324万2000円/モンブラン 0120-39-4810

2006年にモンブランが吸収したミネルバ。1858年に創業したそのムーブメントメーカーの1930年代製クロノグラフをモチーフにする。昔ながらの手巻きツーカウンターのモノプッシャークロノグラフのムーブメント、ミネルバMB 16.29は約50時間のパワーリザーブを装備。サンレイ仕上げのシャンパンカラー文字盤が、ブロンズケースと相性抜群。世界限定100本。


クラシックカーへのブランドの愛が形に
CHOPARD
ショパール/ミッレ ミリア クラシック XL 90周年 リミテッド エディション

K18ローズゴールド、46㎜径、手巻き。478万円/ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922

2017年に90周年を迎えたクラシックカーレース、ミッレ ミリア。それを記念し、長年のパートナーであるショパールが、ミッレ ミリア コレクションに初めて自社開発・自社製造のL.U.Cのクロノグラフムーブメントを搭載。レトロなダッシュボードを思わせるアラビア数字と細い円を重ねたスネイル仕上げの積算計により、陶器のような光沢の純白文字盤が際立つ。世界限定90本。


ピュアなミニマリストに新風を吹き込む
H.MOSER & CIE.H.
モーザー/ベンチャー・スモールセコンド XL ピュリティ

K18WGケース、43㎜径、手巻き。270万円/イースト・ジャパン 03-3833-9602

文字盤にはバーインデックスが4カ所とスモセコのみを配置。その名のとおり「純粋」な顔立ちは、ブランドの持つミニマリストの哲学に新風を吹き込む。ケースバック越しに顔を出すムーブメントは約3日間のパワーリザーブを実現。世界限定50本。


きっと手巻き時計にかける手間は、我が子へ注ぐ愛情にも似ているのだろう。そんな子を持つ親のような感情にさせてくれるのも、手巻き時計の魅力なのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ズキュン!と男の本能を刺激する5つの色仕掛け
2018.07.05
エルメス、タグ・ホイヤーetc……意外な変貌にドキッ!とする名作時計の現在進行形
2018.07.03
ツウも唸る進化を遂げたタグ・ホイヤーとロレックスの2トップ
2018.06.30
社会性のある“正確な男”に似合うのは、精度の高い機械式時計
2018.06.16
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21