https://oceans.tokyo.jp/watch/2017-1212-2/

世代を超える喜び! 受け継げる一生モノな腕時計

このエントリーをはてなブックマークに追加

時計を譲り渡すことには特別な意味がある。そこには自分が歩んできた人生の時が刻まれているからだ。だからこそ、そこには次の世代へと受け継ぐ価値がある。


針とインデックスが漆黒の文字盤に浮かぶ

PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ/カラトラバ 5227

K18WGケース、39㎜径、自動巻き。390万円/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109

漆黒の文字盤にシンプルな3針とデイト表示が浮かび上がる。削ぎ落とした印象のフェイスに対し、裏蓋は開閉するオフィサー仕様。存在を感じさせないインビジブルヒンジはケースのコンプリケーションと呼ぶに相応しく、クラシックなスタイルとともに、ムーブメントを守り、世代を超えて愛用できる。


多くを語らないシンボリックスタイル

BREGUET
ブレゲ/クラシック 5140

K18YGケース、40㎜径、自動巻き。203万円/ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211

多くを語らずとも神髄が伝わるのがブレゲの魅力。これもブレゲ数字とブレゲ針という、いずれもブランド名を冠したシンボリックなスタイルが、グラン・フー・エナメルの白文字盤に映える。その艶感を含め、美しさは経年変化することなく、いつまでも楽しめる。


実用性のきわめて高い永久カレンダー

A.LANGE & SÖHNE
A. ランゲ&ゾーネ/ランゲマティック・パーペチュアル

K18WGケース、38.5㎜径、自動巻き。839万円/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

世代を超えるという技術でいえば、パーペチュアルカレンダーの名前が第一に挙がるだろう。アウトサイズデイトを掲げた特徴的なレイアウトはことさら読み取りやすく、操作性についてもカレンダーの一斉送りのほか、個別調整もできる実用性を備える。


究極のドレスウォッチはカジュアルシーンにも

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/パトリモニー

Ptケース、40㎜径、手巻き。317万5000円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

時分針のみという究極のシンプルさでドレスウォッチとしての魅力を最大限に享受。一方で、グレーの文字盤はカジュアルな装いにも合う。プラチナケースは手に取ればずっしりと重く、存在感に溢れる。仕上げの美しいムーブメントは品質も圧巻で、ジュネーブシールを取得。


エルメスだからなし得る機能性と美の調和

HERMÈS
エルメス/スリム ドゥ エルメスパーペチュアル・カレンダー

Ptケース、39.5㎜径、自動巻き。440万円/エルメスジャポン 03-3569-3300

永久カレンダーとムーンフェイズに加え、6時位置には第2時間帯表示を備える。これだけの多機能を有しながらも美しく調和の取れた文字盤のデザインに、エルメスならではの美学が見て取れる。数字インデックスはオリジナル書体を開発し、まるで空気が自由に行き交うかのような軽快さ。


デザインの幅を広げたブランドの新たな顔

BVLGARI
ブルガリ/オクト ローマ

K18PG×SSケース、41㎜径、自動巻き。74万円/ブルガリ ジャパン 03-6362-0100

110面のファセットを施して力強い個性を表現し、鮮烈なデビューを飾ったオクト コレクション。2017年には、よりドレッシーなオクト ローマが登場した。ラグ周辺が洗練され、ベゼルの曲線を強調。ケース、ラグ、ベゼルを別体構造にすることで、異なる素材を組み合わせる多様な表現も可能に。


トレンドに左右されることがない普遍的なスタイルを選べば、世代を問わず受け継げる。たとえ高価であっても、世代を超えて受け継げると考えれば納得ができるはずだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
無駄を排した超ストイックなデザインから見えてくる、時計本来の魅力
2019.04.03
わかる人にはわかる「今何時?」。ユニークなセンス抜群の腕時計
2019.04.02
長く付き合える「ラド―」の時計は、人生の良きパートナー
何気ない日常をも輝かせてくれる。僕らに寄り添う「ラドー」の腕時計
2019.03.28
読めないヤツが魅力的、というのは男も腕時計も同じである
2019.03.24
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12