https://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p115-03/

チノパン感覚のスラックスで展開する独自のアメカジ論

このエントリーをはてなブックマークに追加

「B印ヨシダ」「ビームス プラネッツ」のディレクター種市さん。
「スラックスはチノパン感覚で使ってます」と語るとおり、シンプルなニットとヴァンズで合わせて、その気軽さを表現。一方、ハットとローゲージのガウン風カーデでモードなエッセンスもチラリ。「アメカジをいかにもな感じで着たくない」という思いが、このモノトーンコーデに滲み出る。

Top=グレッグ ローレン Innerwear=カモ Shoes=ヴァンズ Hat=ノンネイティブ×カムズアンドゴーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
知っておきたい! “年相応”のスニーカースタイルが作れる7つのレシピ
2018.01.13
“ついつい”履いてしまう。そんなワケありなスニーカーがありまして。
2017.11.24
革靴にまだ主役の座は渡さない。注目の新作スニーカーが冬も熱い!
2017.11.20
お馴染みのあいつが見たことない姿で。名作のアニバーサリーモデル
2017.11.16
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
クールなスポーツミックスが目を引く、親子スタイル
2018.01.12
アウトドア調のゆったりダウンは、ウエストを絞ってエレガンスに
2018.01.12