https://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p115-02/

黒く、ドレッシーに。 それが冬ショーツの最適解

このエントリーをはてなブックマークに追加

「B印ヨシダ」「ビームス プラネッツ」のディレクター種市さん。
一般的には夏限定のショーツも種さんにとってはオールシーズン一軍だ。「でもコーデュロイを選んで冬らしく、膝小僧を隠して慎ましく」することで、季節感を確保している。そして「合わせる色には気を使います」と、ピーコート、カシミヤニット、スリッポンはすべて黒で統一していた。

Top=アナトミカ Innerwear=ジ エルダー ステイツマン Shoes=ノンネイティブ×リーガル×B印ヨシダ Bag=B印ヨシダ×ポーター

BACK STYLE
このエントリーをはてなブックマークに追加
この冬は何買った?「お洒落プロ」7人のコート選びと着こなし
2018.01.14
プラスアルファの機能で選ぶ、3シーズン使えるコート
2018.01.13
今しか買えない! 迎える春にオススメな8つのスペシャルコラボが登場【後編】
2017.12.24
今しか買えない! 迎える春にオススメな8つのスペシャルコラボが登場【前編】
2017.12.22
ワントーンでも奥行きのあるスタイル。秘密は素材感と足元!
2018.01.11
マイルドな印象のショールカラーコートを、組み合わせで自分らしく
2018.01.10
シャープなショート丈ブルゾンは、細身パンツで上品なシルエットに仕上げを
2018.01.09
おっ、これは…! 70’s風コーデを飾る”アイテム選び”に注目を
2018.01.02
ワントーンのモードな着こなしは、一点、スニーカーでエスプリを効かせて
2018.01.01