https://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p111-04/

モードも守備範囲。それがココでデニムを選ぶワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのスナップとは打って変わってモードライクなライダーズスタイル。不均一な色落ちのブラックデニムが目を引く。このデザインの振り幅こそ、本誌モデルの肥野さんがH&Mでデニムを求める理由。「ひとつの店でこの2本が手に入る。しかもフレンドリープライスで。何かと助かりますよね、子持ちには(笑)」。

Top=パレンセシズ エー Innerwear=H&M Pants=H&M Eyewear=レイバン Cap=カシラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
趣味を大事にしたい大人が手にすべき、ギアとしてのアイウェア5選
2018.01.17
“自分らしく”のヒントあり! それぞれのデニムにそれぞれの正解
2018.01.17
大人になってもココロときめくNEWSなアイウェア【後編】
2018.01.16
大人になってもココロときめくNEWSなアイウェア【前編】
2018.01.15
大人のダークトーンは優しいニュアンス。フレンチブランドをサラリ
2018.01.17
ライダーズのシティボーイスタイル。秘訣はサイズ感と小物選び
2018.01.12
コーデュロイにはパーカー&チノ。大人なストリート
2018.01.11
アウター&インナー両刀使いができる、カシミヤ100%のカーディガン
2018.01.10
男らしいモッズコートはこだわりデニムと合わせ、無骨でラフな着こなしに
2018.01.09