https://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p107-02/

アウターとパンツだけ、それでもネイビーとカーキの2 色ならば②

このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌モデルのケンさん曰く「ミリタリーウェアが学生の頃から大好き」だから、大人になった今も迷彩の総柄ボアジャケットを主役することも多いという。「ネイビーのワークパンツはクリース入りで少しだけ上品に」。ワイルドとシック、このバランス感がケンさんらしい。

Top=ジャックス ガレージ ×サニースポーツ Pants=ブリクストン Shoes=コンバース Cap=ブリクストン

このエントリーをはてなブックマークに追加
この春注目! 僕らの定番にひとひねりした新しい“ミリタリー味”
2018.02.16
“枯れたおじさん”に見えない枯れ色カラーコーデ・テクニック
2018.02.15
汎用性と男らしさ! 大人の味方・ミリタリーブルゾンはどう着よう
2018.01.15
休日に入った接待……妻に快く送り出してもらう心理テクは?
2018.01.02
オッ!と目を引く、精悍さ。シャープさを際立たせたスポーティの好例
2018.02.14
重くなりがちなロングコートも、小物使いでサラッと軽やかに
2018.01.26
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
男らしいモッズコートはこだわりデニムと合わせ、無骨でラフな着こなしに
2018.01.09
ビビッドカラーのフリースに一目惚れ。ダークボトムスでアーバンアウトドアにまとめる
2018.01.04