2020.01.30
FAMILY

妻も子供も混乱する…… 夫が自分の都合で子供を甘やかすことの罪深さ

モンスター夫

「モンスター夫が許せない」とは・・・

第4回では、父から子供への身勝手な甘やかしについて、母たちの怒りの声を取り上げます。

Q. 夫が子供に対して言った発言で、許せないと感じたこと、あるいはドン引きしたことがあれば具体的に教えてください。

「子供は、平日も休日も21時に布団に入るのに、20時30分を過ぎてお菓子を食べようと言い出す。食べたあとに歯磨きなどお世話をしてくれるならいいですが、食べたら自分は寝てしまう身勝手さに呆れます」(北海道・40歳)

「自分が家にいるときだけ、『今日は特別』と言って遅い時間にアイスクリームを食べさせたり、甘やかす」(北海道・42歳)

「21時半を回っているのに、子供と追いかけっこをして遊んでいて、兄弟喧嘩を始めると急に大声を出して叱ること」(長野県・35歳)

「受験生の娘を叱咤激励して勉強させているのに、夫は娘の機嫌を取ろうとマンガなどを買ってきてあげている」(宮城県・41歳)

「その日に出た宿題はその日のうちにやるように習慣づけようと頑張っているのに、休みの前日に『宿題は明日でいいじゃん』と夫が言い出し、そのせいで子供が休みの前日に宿題をやるのを嫌がるようになった」(東京都・36歳)

NEXT PAGE /

親の気分で子供を甘やかすと、子供が混乱する

普段帰りが遅い父が、たまに早く帰ってきたときだけ、いつもと違うことをして子供を喜ばせようとするという話は、よく聞きます。夜遅くにお菓子を食べさせようとする、寝る直前だというのに一緒に遊んでしまって子供が興奮して寝ないなどというのは、今回のアンケートの回答でも多く見られました。

子供には「早寝早起き」「好き嫌いなく何でも食べる」「帰宅したらすぐ宿題をする」といった習慣を身に付けさせたいとママたちは日々奮闘しているもの。そのなかでも毎日同じ時間に寝るのを習慣づけるというのは、かなり難しいことです。それをママたちは毎日あれこれ工夫しながら根気よくやっているわけです。

それなのに、たまーに早く帰宅したパパが、子供がまだ起きていることが嬉しくてついつい甘やかしたりするのは、これまで1個1個苦労して積み上げてきたものを、突然ぶち壊されるのと同じこと。

一度例外を認めたことによって「だってパパがお菓子食べさせてくれたじゃん」「21時に寝なくていいっていったじゃん」といったことを子供は言い出します。子供にとって、パパとママで言うことが違うというのは、混乱を招くだけなのです。

ママたちが日々どういう方針で子供に接しているのかを、一度きちんと夫婦間で共有すれば、子供が混乱することもなくなるのではないでしょうか。

NEXT PAGE /

親の行動に矛盾を感じると反発される可能性も

また、子供を自分の都合で甘やかすのとは少し違いますが、子供が親に対して矛盾を感じてしまうこととして、もうひとつママたちのアンケートから見えてきたのが、子供には禁止していることをパパがやっている、といったことです。

「子供にはゲームをするなと言いながら、自分は子供の前でゲームをする。子供が文句を言うと『働いて自分で買えるようになったらしろ』と言っていた」(香川県・43歳)

「子供がゲームの時間を守れなかったときに、『なんで時間を守れないんだ!』と激怒していたくせに、自分もスマホばかり見ていて説得力なし」(新潟県・37歳)

特に最近よく聞くのが、上のコメントにもあるような、ゲームやスマホ問題。子供には時間を決めてやらせているのに、父が常にスマホを触っているということが、多くの家庭で起こっているようです。

私の周りのママ友からも「休日にパパが書斎にこもって仕事をしているのだと思ったら、ずっとゲームをしていた。子供は気が付いてなかったけど、子供にはゲームは時間を決めてとあれだけ言っているのに……」(小学生2人の子供のママ)とか、「パパが食事のときもスマホを触っていて、子供に指摘されていた」(幼稚園と小学生の子供のママ)などの声がありました。

子供がまだ小さいうちは、気が付かないこともあるかもしれませんが、小学生くらいになると、「パパはゲームしているのに、何で僕はダメなの?」などと、子供が矛盾を感じ始めると思います。そうなると、子供との信頼関係が崩れてしまう可能性も……。

こういったゲームやスマホ問題に限らず、もしかすると、私たち母親の側にも「子供の前でその行動はどうなのよ?」と夫が感じてしまうような行動があるかもしれません。

改めて、親として、子供が矛盾を感じてしまうような発言や行動はしないように心がけたいものです。

連載「モンスター夫が許せない」一覧へ

「モンスター夫が許せない」
夫が、特に深い意味はなく気軽に発した言葉や行動が、実は妻にとってはカチンとくることがある。それにより、知らず知らずのうちに夫婦の溝が深くなってしまっているかも。妻たちが「これは許せない」と感じるツボがどこにあるのか、子育て中の女性200人にアンケートを実施し、結果を見ながら、現役ママである筆者の解説を交えて紹介する。上に戻る

相馬由子=取材・文
編集者、ライター。合同会社ディライトフル代表。雑誌、ウェブ、書籍などの企画・編集・執筆を手掛ける。会社員の夫と小1の娘の3人家族。ここ数年は、子育てをテーマにした仕事を数多く手掛けている。

石井あかね=イラスト

ネオ・マーケティング=アンケート協力
※調査対象:既婚子持ちの35〜45歳の女性200人

# モンスター夫が許せない# 妻たちの本音# 子育て# 甘やかし
更に読み込む