2021.10.17
NEWS

40周年記念で復刊! 伝説の雑誌「エンポリオ アルマーニ マガジン」の価値

オーシャンズ世代にとって“雑誌”は感性の源。ファッションに限らず、カルチャーやアートに至るまで「大切なことはすべてココから教わった!」という人も多いはずだ。

「エンポリオ アルマーニ」が、ブランド誕生40周年を記念して発刊した雑誌は、我々にとっての重大ニュースといっていい。

ブランド創立40周年を記念して復刊した「エンポリオ アルマーニ マガジン」(4510円)。

「エンポリオ アルマーニ マガジン」は、1988年の0号を皮切りに、18号まで毎シーズン発刊されていた伝説の雑誌である。

今はブランドにとって特別なときだけに刊行しており、2017年、ロンドンでのファッションショーの際に登場した19号以来、実に4年ぶりのお目見えとなる。そして今作は、記念すべき20号目だ。

最新号のタイトルは「THE WAY WE ARE」。

“瞬間を生きる”ことを大切にするアルマーニの世界観そのまま、今を切り取るという雑誌の本質に迫るような力作に仕上がっている。

ジョルジオ・アルマーニ氏が総監修、妹のロザンナ・アルマーニ氏が出版指揮を担当した。

アルド・ファライ=写真

ブランドにとっては盟友ともいえるファッション写真家、アルド・ファライ氏をはじめ、6名のフォトグラファーによる、2021〜22年秋冬コレクションのファッションストーリーを筆頭に、世界中から寄せられた各国の編集者やクリエイター、アーティストたちによる寄稿文やショートストーリーなど、見所満載だ。

ちなみ日本からは鈴木正文氏が、メンズスーツにおける西洋と東洋の関係について執筆している。

ニコ・ブストス=写真

アルマーニ氏は、完成した雑誌についてこう語る。

「私は本当の意味での『雑誌』を作りたかったのです。ただ、エンポリオ アルマーニの単独ブランドのみを取り上げ、一方的に語りかけ、押し付けるのではなく、ブランドのストーリーと魅力を存分に伝えられるような誌面を作り上げることを目指し、多岐にわたるコンテンツを考え抜きました。

それは決して古びた懐かしい方法というわけではなく、今の時代にもぴったりな方法だと捉えています」。

そう、彼らが大切にしたのは、単なるカタログに留まらないこと。美しいビジュアルと質の高いテキストから成る雑誌になっているのだから、俄然興味が湧いてくる。

年齢や有名無名を問わず、多くのクリエイターたちの粋を集め、編んでみせた20号目の「エンポリオ アルマーニ マガジン」。日本では、代官山蔦屋書店で購入可能だ。ぜひ手元に置いておきたい、そんな一冊である。

 

[問い合わせ]
ジョルジオ アルマーニ ジャパン
03-6274-7070

外山壮一=文

# エンポリオ アルマーニ# 40周年# 雑誌
更に読み込む
一覧を見る