2021.07.22
NEWS

完売続きの注目ブランド「WHR」。次回入荷はどうなってるのよ!?

「WHR」というブランドをご存知だろうか?

正式な名は「ウエスタン ハイドロダイナミック リサーチ」。聞き覚えがないという人も、このキャップは見たことがあるかもしれない。

WHRのキャップを被っているのは……トム・サックス!?

現代アーティストのトム・サックスをはじめ、オーシャンズでお馴染みの種市 暁さんや小木“Poggy”基史さんも、WHRのキャップを被った姿がパパラッチされているから。

あっ、ちょうど種さんのインスタにも。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Taneichi Akira 種市 暁(@taneichiakira)がシェアした投稿

アートやファッション業界から熱視線を集めるWHRだが、ブランドを立ち上げたのは元プロサーファーのパット・タワジーという人物だ。

海を通して出会った仲間たちとのプロジェクトから、徐々にブランドへと展開。“Ocean”という大きなテーマのもと、モノづくりを続けている。

1990年代から2000年代にかけてプロサーファーとして活躍したパット・タワジー。

彼のサーフ仲間のひとりがトム・サックス。ある日パット・タワジーが自作のキャップを被っていたところ、トム・サックスから「欲しい」といわれたことがブランド創設のきっかけになったという。

ブランドを象徴するキャップは、アジャスター部分にハトメ&バンジーコードが配されていてユニークな作り。各8800円/ウエスタン ハイドロダイナミック リサーチ(タトラスインターナショナル 03-6451-0924)

そんな経緯から昨秋に伊勢丹新宿店で開催されたトム・サックスの展覧会で、日本で初めてWHRのアイテムを販売。今年6月には「ピルグリム サーフ+サプライ」で初のポップアップショップをオープンした。

続いて「エイチ ビューティアンドユース」「ジャーナルスタンダード」でもポップアップショップを開催するが、いずれも期間終了を待たずほぼ欠品するほど人気だった。そして待望の公式ECサイトが誕生するも既に現在、品薄状態になっている。

「WHR」のロゴ入りサーフボードも展開。28万6000円~※写真はサンプル/ウエスタン ハイドロダイナミック リサーチ(タトラスインターナショナル 03-6451-0924)

「じゃあ、一体どこで手に入るんだ……」と嘆く声が聞こえてきそうだが、ご安心を。

今月から「タトラス コンセプト ストア青山店」で、WHRの販売がスタート。しかもこちらは通年展開で、店舗には既にアイテムが並び始めている。

ブランドアイコンのキャップをはじめ、Tシャツやパーカなどラインナップは続々と増える予定というから、楽しみだ。

本国アメリカで開催されたワークショップはこんな感じ。キャップにハトメを打つ様子を間近に見られる。

そして7月25日(日)までは、同店でWHRのワークショップも開催中。

購入したアイテムや私物に、WHRのキャップの特徴であるハトメ&バンジーコードを取り付けてもらうことができる。アイデア次第では面白いアイテムが出来上がりそうだ。

手持ちのパーカとキャップにハトメを打ち、コードでつなげるアレンジも可能。これでもう帽子をなくさない。

これだけ注目度の高いブランドとなれば、もちろん売り切れる可能性も捨てきれない。だがアイテムは順次入荷すると分かっていれば、ちょくちょく覗きにいく価値はある。

完売続きのWHRと感動の対面を果たすなら、「タトラス コンセプト ストア青山店」に行くのがいちばんの近道といえそうだ。

 

[イベント詳細]
「WHR ワークショップ」
期間:7月22日(木)~7月25日(日)
会場:タトラス コンセプト ストア青山店
住所:東京都港区南青山6-5-39
営業:11:00~20:00 無休

[問い合わせ]
タトラスインターナショナル
03-6451-0924
www.whr.jp

ONE-HALF=文

# WHR# キャップ
更に読み込む
一覧を見る