2021.02.16
NEWS

冷凍食品のさきっちょ「冷凍良食」知ってる? 出来たての“旨い”を届ける技術力

いくらここ数年でレベルが爆上がりしたとは言え、まだ冷凍食品と出来たての料理の間には高い壁がある、ように思う。

その壁を超える存在となりそうなのが「冷凍良食」。

冷凍食品を製造するクオリアースが立ち上げた、新ブランドだ。

「合鴨のロース」120g 6000円、240g 1万2000円/冷凍良食 info@reitouryoushoku.com

これを冷凍食品だと見抜ける人がいたら、『芸能人格付けチェック』でGACKTにも一目置かれるハズ……。そのくらいハイクオリティな冷凍食品なのだ。

そもそも冷凍食品が風味を損なう原因は、食材の冷凍・解凍の過程で旨味成分が含まれた“ドリップ”という水分が流れ出てしまうから。それを防ぐには、食材を素早く冷凍するのが最善手だ。

そこで、冷凍良食では独自開発した「プロトン凍結」という特殊な急速冷凍技術を採用。このプロトン凍結こそ、“良食”たる所以である。

磁力や電磁波、冷風を使って食材を一気に冷凍することで、冷凍の過程で起こる細胞破壊を防ぎ、ドリップの出る量を軽減。これによって鮮度や旨味を閉じ込めることに成功したのである。

「豚の角煮」120g 3000円、240g 6000円/冷凍良食 info@reitouryoushoku.com

冷凍良食のデビューとともに発売したのは、予約困難な名店や星付きレストランとコラボした「匠シリーズ」と、「主食スープシリーズ」。

「中華丼」2食セット 5000円、4食セット 1万円/冷凍良食 info@reitouryoushoku.com

例えば匠シリーズでは、秋田の料亭、たかむらの名物である合鴨ロースや豚の角煮に加え、ミシュラン一つ星を獲得した大阪・北新地のレストラン、ハツ(HATSU)と共同開発した中華丼など、豪華なラインアップが揃う。

なかなか足を運ぶことができない全国の名店の味を、自宅で手軽に食べられる贅沢さも冷凍良食の魅力といえる。

「愛媛県産 鯛と8種具材のミネストローネ」950円/冷凍良食 info@reitouryoushoku.com

また、主食スープシリーズには、全国各地の食材をたっぷり詰め込んだ、6種類のスープが登場する。

例えば愛媛県産の鯛と8種の野菜が入ったミネストローネや、高知県産の鰤を使ったみぞれ汁など、見ているだけでよだれが出てきそうだ。

スープと名はつくものの肉や魚、野菜と具沢山なので、立派なおかずにもなる。

「高知県産 鰤のみぞれ汁」950円/冷凍良食 info@reitouryoushoku.com

クオリアースの公式サイトでは、合鴨のロースと豚の角煮を先行販売中で、2月25日(木)からは全商品がラインナップする予定。それまではクラウドファンディングサイト、キャンプファイヤーでも購入可能だ。

独自技術で出来たての旨さを閉じ込めた冷凍良食。この先、冷凍食品の可能性を広げる存在になり得そうだ。

 

[問い合わせ]
冷凍良食カスタマーサポート
info@reitouryoushoku.com
https://reitouryoushoku.com

恵谷佳奈=文

# グルメ# 冷凍良食# 冷凍食品
更に読み込む
一覧を見る